R’s Meeting2021で新型フェアレディZを見てきたので、実車を見て感じた第一印象をまとめる

2021年10月24日に開催されたR’s Meeting2021に行きました。新型フェアレディZの実車を見る目的でした。

過去の事例から言っても今後10年近く、”新型Z”はこの形のままのはず。これから長い間、この”新型Z”を拝むことになるだろうから実車をみた第一印象をまとめていきます。

【R’s Meeting】周りがGTR一色の最中、片隅に置かれていた新型フェアレディZ プロト

GTR一色の会場に置かれていた新型フェアレディZ

2021年10月24日に富士スピードウェイにて、GTRのイベント「R’s Meeting」が開催。ここ数年で一気に高騰し、ネオクラシック・スポーツカーの代名詞になったスカイラインGTR軍団が集結。

そんな折、会場の隅には新型フェアレディZプロトも展示。同じ日産車でありながらも若干のアウェー感がありつつも、多くの人が足を止めて実車を眺めていた。

新型Z 日本仕様は今冬発表予定

新型Zの日本仕様は今冬発表予定。すでにネットではリーク情報満載ですが、まとまった情報が見られるまでもう少し。

会場のレイアウトは上記ツイートのような形で、新型Zのすぐとなりにはトップシークレットのブースが設置。

新型Zプロト近くに鎮座していたトップシークレットのR35GTR

その隣に置かれたもう一台のR35GTR。これもトップシークレット

トップシークレットのブースでは、スモーキー永田がその存在感を存分に発揮して新型Z以上に集客してました。金色のR35GTRはロー・ワイドで存在感抜群。スモーキー永田もファン対応で忙しそうでした。

会場にはラーマン山田もいて、小型カメラに向かってOPTIONビデオ通りのテンションで話していてなんだかシュールでした。

新型Zの外観画像

以下にR’sミーティングで撮ってきた新型Zを画像をポンポン貼っていきます。

R’sミーティングの新型Zプロト

レンズの種類でクルマの印象は変わりますが、目視でも上記の写真写りでした。フロントはどうしても真四角の開口部が目立ちますね。車体色がレモンイエローなので、例のフロントバンパー開口部との色彩の差がより鮮明に感じます。仮にブラックの車体色だと、開口部とほぼ同色になるから違和感が少なくなると思います。

このクルマは純正だと、おそらく車体色ブラックが良い感じになると思う。もしくはガンメタ。

 

 

新型スープラと違って、少々複雑でクドいダクトやプレスラインはあまり見当たりません。90年代のスポーツカーのようなシンプルな線を引いてスタイルで魅せるデザインは、個人的には好印象です。

真四角にぽっかりと空いたフロントバンパー開口部が気になってしょうがない

真四角に空いたフロントバンパー開口部

開口部の中身

個人的に気になる箇所

  1. 型式がZ34のままだから、このクルマをどうやって呼べばいいのかわからない(Z34 MARK-IIとかで良いのか?)
  2. 冷却のためといえども、真四角に空いたフロントバンパー開口部がデカすぎて、少々バランスが悪い
  3. ボンネットのラインで、ヘッドライトの目尻がカットされたような形状をしている点
  4. 上記②と③の違和感は車体色によるものかもしれない。そもそも新型Zの車体デザインにレモンイエローが似合ってない可能性有り。

個人的に気になる箇所をまとめてみました。

新型Zで一番気になるのは、やはり真四角に空いたフロントバンパー開口部。まるでロボットの口のようにポッカリと空いており、少々フロントマスクのバランスを悪くしていると感じます。また、ボンネットのラインで、ヘッドライトの目尻がカットされている点も気になるんですよねぇ。

ただ、これら2点の違和感はレモンイエローの車体色によることも大きいかもしれない。車体色がブラックならば、フロントバンパー開口部との差が目ただなくなるはず。

そもそもこのクルマにレモンイエローが似合っていない可能性もありますね。「ガンメタの新型Zは結構カッコいい」という声もネットでありますしね。

まとめ|仕様については言うことなし。外観に関しては今後のボディキット次第?

まとめです。

今回の新型Zは、FR/マニュアルミッション/ターボ/サイドブレーキ付きという仕様がちゃんと存在しています。そのため、スペックについては言うことないです。これで2by2モデルがあれば、将来のドリ車としても有力候補になったはずですが、その可能性はすでに消滅。トランクルームを見る限り、タイヤ2本も詰めないのでは?

s30に回帰した外観デザインはシンプルにまとまっていますがその分、衝撃は感じませんでした。個人的には新型86/BRZのほうが衝撃度は高かった。また、真四角のフロントバンパー開口部はどうしても気になるので、それは今後のボディキット次第だと考えます。

といっても、コミコミの車体価格が500万円オーバーだろうから、そこからさらにボディキットを組むとなると、一般人には実現不可なんですけど。。でも、夢は見させてほしいよね。

z32 2シーター/ノーマルルーフ/ツインターボ/5速マニュアルのカスタム仕様を紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です