z32 セントラル20・3連メーターフードとDefiメーターのレビュー

z32にはセンターコンソールに配置する社外の3連メーターフードがいくつか発売されてました。

本記事では、セントラル20・3連メーターフードとDefiメーターをレビューしていきます。純正の雰囲気を壊さずに追加メーターが設置可能です。

セントラルのメーターフードは廃盤となっているので、ヤフオクなどで中古品を購入する必要があります。

z32 セントラル20・3連メーターフードのレビュー|専用品は素晴らしい

z32の追加メーター

セントラル20・3連メーターフード:内装パネルは自家塗装…

z32 セントラル20・3連メーターフードのレビュー概要

z32・3連メーターフードの定番といえば、セントラル20のコクピットスネイルでしょうか。

この製品には、52φもしくは60φメーターが3個まで取り付けできます。新品の状態だと穴が空いてなくて、あとから穴空けするんだったと思う。

すでに製造廃止となっているのでヤフオク等で中古品を狙うしかなく、大抵は60φの穴がすでに空いている状態がほとんどです。本個体もヤフオクで購入した中古品となります。

メーターフードおよびDefiメータの取り付けは、すべてプライマルにやってもらっていました。

z32の赤内装のカスタム画像

3連メーターフード装着後の赤内装

エアコン吹出し口上部のダッシュボードに沿うように取り付け可能。z32専用ですから汎用のメーターフードとは違って、内装の質感を壊しません。

z32の追加メーターフードといえば、この製品が一番人気なんじゃないでしょうか?

オフ状態①

オフ状態②

メーターフードはわずかに運転席側に向いている

運転中に見ていても疲れることはないので、ジャストな位置なんだと思います。あとは追加メーターの配置次第で、使い勝手が変わってくる感じです。

フードの両端から足が伸びていて、センターコンソールのパネルにかぶさるデザインです。見た目はかっこよくて好きなのだけど、エアコンパネルを外す時に工数が増えます。

それを改善したのが、プライマルの3連メーターフードです。

センター置きのメーターフードは製廃ばかりなので選択肢は限られる

引用:z32チューニングの秘伝書ハイパーレブvol.25より

昔は、アブフラッグから趣味の塊のような6連メーターフードなるものも販売されていました。エアコン吹き出し口に思いっきり被りますが、スパルタンなz32にはもってこいの製品です。

また、数年前までリアルスピードから、セントラル20製そっくりの3連メーターフードも発売されていました。エアロクラフトkazeからも3連メーターフードなるものは出てます。ただ、2019年に千葉の大型台風で被災してしまったので、今も作ってるのかわからない。

後付けの追加メーターフードはどれも製造廃止となっているので、これからz32を作ろうとすると選択肢が限られているのが現状です。

参考・・・アブフラッグ 6連メーターフード

参考・・・左ハンドル用3連メーターフード

参考・・・ワンオフ4連メーターフード(セントラル203連メーター改造)

参考・・・プライマル3連メーターフード「- EDH 3連メーター+α (完)-」

追加メーターは「Defi-Link Meter ADVANCE BF」の60φ・ブルー

z32の追加メーター:Defi-Link Meter ADVANCE BF

Defi-Link Meter ADVANCE BF(左からブースト、水温、油温の順)

追加メーターは「Defi-Link Meter ADVANCE BF」の60φ・ブルーのレビュー概要

  • 視認性は問題無し
  • スピードメーター、エアコンパネルの色がブルーなので同色を選択。夜は見ていて落ち着く。
  • 2年近く使用したが、不具合は一切無し。買って正解。
  • 配置は左から、ブースト、水温、油温
  • 参考・・・「Defi-Link Meter ADVANCE BF」の公式サイト

黒Zに装着しているのは『Defi-Link Meter ADVANCE BF』の60φ、色はブルーです。写真だと白っぽいですが、肉眼だともっと青いです。

順番は左からブースト、水温、油温。

Defiメーターの品質は安定していて、装着して2年近く経過しましたが、不具合が一切無し。昼間の視認性も問題なし。わけわかんない海外ブランドのメーター買わんでよかったわ。。

特にz32のツインターボだと、水温・油温の管理は大切なので追加メーターがあると安心できます。純正の水温計だと、『中央から上に動き出したらとりあえずヤバイ!』といったアバウトな感覚でしか、モニターできないですし。

ブーストメーターもアクセルオン時の反応は良好ですが、ぶっちゃけセンターに設置してあると目視では確認しづらいというか、確認できないです。

日常使いで不便はないですが、追加メーターの配置はもっと考える必要がありそうです。

『Defi-Link Meter ADVANCE BF・60φ・ブルー』のブースト計、水温計、油温計は以下になります。

まとめ|新品で買えるのはプライマルの製品ぐらい?

今回は、セントラル20の3連メーターフードとDefiメーターをレビューしてきました。

本製品は純正の雰囲気を壊さずに追加メーターを配置できる優れものです。ただ、製造廃止になっているので新品購入はできません。

現在はプライマルの3連メーターフードぐらいしか残ってません。こちらはNSXのアイディアを元にした製品で、ナビも搭載可能。

もう1台、z32を作ることになったら、こちらを買おうかなと考えてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です