フェアレディz32 naの維持費&故障が多くて壊れやすいのはホント?




フェアレディz32の維持費が気になる人は多いのではないでしょうか?

僕がz32を購入した時はネットで調べましたけど、まず故障しやすいという悪評しか出てこなかったですね。さらに3リッターにかかる毎年の自動車税が止めとなり、『あ~、z32って維持費はなんとなく高そうだなぁ…』という流れがデフォです。

『なんとなく高そう』という感覚が独り歩きしだすと、z32に興味がある方の入り口を狭めちゃうし勿体ないです。しかし、維持費は計算するのが難しくて、税金関係は変わらないとしてもガソリン代や保険料は人によって変わります。修理費用も加えていますが、故障の発生度合は車両の状態によっても変わってきます。

今回改めて、フェアレディz32 NAの維持費を見積もりました。数値を出すことで、高いか安いかの判断がしやすくなると思います。加えて、故障が多くて壊れやすいのか?という点とz32 NAは遅いのかについても考えてみました。


 

故障が多くて壊れやすいのはホント?NAとターボで故障の重さが違います。

Dustin Culpさん(@dust_z_dust)がシェアした投稿

z32と言えば壊れやすく、故障が多いと評判です。

情報の出所は何年も更新されていないようなhtmlむき出しのサイトだったりするので、参考にするぐらいが良いです。Falconでは故障の対策方法が記載されています。フェアレディZには大きなコミュニティがあるので、情報交換も盛んです。

壊れると評判のパワトラは対策品がすでに出ているし、最終型のパワトラは今のところは故障してはいません。タイベルのコマ飛びやサーモスタットの故障等は経験しましたけど、事故しない限りNAは50万円を超えるような高額修理は発生しないです。普通のクルマ程度に故障すると思ってくれれば幸いです。

一方のターボ車はNAと違って少々、曲者です。

補機類がハーネスやインテークパイプに隠されちゃうんで異常が発見しにくいです。自然と乗りっぱなしの車両が多くなり、次のオーナーがババを引くと…。

2016年に購入した前期型のツインターボはエアコン故障・マフラーからの白煙・ブレーキ踏むとエンスト等々、様々な不具合を抱えていました。試乗はしたんですが、トラブルがその時出なかったんだよねぇ(((不思議だな~★))

ですので、ターボ車を買う際は車両のチェックを入念にしてください。アイドリング中に白煙を吹かないとか、ブーストがちゃんとかかるとか。マイナーチェンジをする毎に、弱点は少しずつ改善されたので拘りがなければ、最終型や中期型から探した方が良いですね。

z32のターボ車のエンジンルームで、整備性は悪い

前オーナーの管理状況によりますが、ターボ車はエンジン降ろしを伴う整備が一度は必要になることがあります。

例えばタービンにトラブルがあると、効率を重視してエンジンを降ろします。交換歴がなければエンジンハーネスや補機類は使い物にならないので全て交換します。また油・水漏れの箇所が多すぎて『エンジン降ろした方が早いね!』と判断されるときもあります。

z32は整備性に難を抱えており、一度エンジンを組むと後戻りが非常にやりにくい構造になっています。工具入んないし。ですので、エンジンを降ろした際はなるべく部品を使い回しせずに交換します。組んだ後にトラブルが出ないようにする為です。

こうした整備時の工数やパーツ代の高さが『修理費が高い!』と言われる理由でもあります。しかし、一度大きな整備を実施すれば無茶しない限り長く乗れるはずです。

フェアレディz32 NAの維持費はいくら?ターボは維持費が高くなるのか…

フェアレディz32 NAの維持費を下記に示します。車検がある年と無い年で分けました。

項目 車検がない年 車検がある年 備考
自動車税 58,600 58,600 毎年、5月に請求書が来るのでコンビニで支払い
重量税 32,400 重量税は2年毎の車検整備時に支払います。
自賠責 27,840 自賠責は2年毎の車検整備時に支払います。
車検 80,000 車検は2年に1回です。
駐車場 0  0 駐車場代は5000/月ですが、会社持ち
保険料 54,120 54,120 4510/月・・・車両保険付きの価格で20等級
ガソリン 200,000  200,000 ハイオク140円、7km/Lで1万km走行/年
オイル 30,000  30,000  3000kmで1回オイル交換→3回/年
タイヤ 65,000 社外の17インチかつアジアンタイヤで算出
合計¥ 342,720  521,000

税金は人によってあまり変動はしません。車検・整備・保険については個人差が出てきます。

僕の場合、アパートの駐車場代が5000円/月発生していますが、会社の福利厚生から出ています。このおかげで年間60,000円の節約になっています。

タイヤは2年間に1回の交換として車検がある年と合わせて算出しました。18インチを履くとなると費用は高くなります。僕はあまり外出しないので例年、走行距離は1万キロ/年です。ガソリン代についてはハイオク140円、リッター7kmで計算しています。それでも年間でガソリン代が200,000円掛かってる…。

z32NAの燃費は街乗りでリッター7、高速オンリーでリッター9.5ぐらいです。

z32のエンジン降ろしの整備

上の表は最低限の維持費でして、さらに故障の修理費やカスタム費用が必要です。突発的な修理費用を見積もると、年間でNAは25万円、ターボは60万円を確保できると安心です…。

ターボ車の修理費用が60万円なのはエンジンを降ろす整備がこれぐらい掛かりそうだからです。税金面はNAもターボも変わりませんけど、修理費用が高くなるのでNAより全体的な維持費は高い傾向にあります。燃費も落ちますしね(^_^;)

といっても、これは理想的な予算で大抵は多少ぶっ壊れても妥協して乗っています。しかし、故障したらすぐ直せる人の方がこのクルマに長く乗れると思います。

z32 naは遅いのか?エンジン載せ替えによるターボ化についても…

フェアレディz32の維持費やnaは遅いのか?

z32のNAはそんなに速くありませんが、昨今のコンパクトカーやミニバンに比べたら、運転が楽しいクルマですよ~。

ただ最新のミニバンのオートマ車の方が加速がスムーズなんですよね。スペック自体は負けてないんだけど、やっぱりオートマチックならではのスムーズな変速ができてるのかなぁ..。

他の国産スポーツカーと比較もしてみました。NAのメカチューンや腕の良し悪しはまず置いといて、クルマのスペックを単純比較する形で考えてみました。

パワーウェイトレイシオ

1.z32 2by2 NA・・・6.48kg/ps

2.z32 2by2 TT・・・5.43 kg/ps

3.シビックタイプR ek9・・・5.78 kg/ps

4.s14 Q’s・・・7.56kg/ps

5.s14 K’s・・・5.68 kg/ps

6.s15 スペックS・・・7.27kg/ps

7.s15 スペックR・・・4.96kg/ps

パワーウェイトレイシオを比較すると、z32とシルビアでNA同士を比べれば32の方に分があります。k’sやスペックRと比較すると負けます。タイプRにも届かず、z32のターボモデルでようやく土俵に乗れるのかな?って感じです。

試しに1998年にデビューしたs15シルビアのスペックRとマイナーチェンジしたz32 最終型NAを意地悪比較します。

S15シルビアのスペックRは車重1250kgで250馬力を発生するSR20DETを搭載し、新車価格が239万円でした。一方のz32 NA最終型の2by2は一番軽いモデルで車重1480kg、エンジン出力は230馬力に止まり、新車価格は327~392万円。

このスペックを参考にすると、s15スペックRに比べてz32 NAは遅くてコスパも悪いクルマと判断されても仕方ありません。スペックRの方はブーストアップを施すことで、さらに上のレベルが狙えます。一方のz32 NAはわかりやすく馬力を挙げる手段はありません。

それでもz32 NAは日常領域ではしっかりと加速してくれるし、安定した長距離運転が可能で疲れません。NAでもどっしりとしたワイド・ローのスタイルはこのクルマの一番の魅力です。ワイド・ローのクルマが大好きなので(>_<)GTOとか…

しかし、サーキットで良いタイムを出そうとすると、走りに特化したスポーツカー(FD、シルビア、GTR等々)と勝負する必要があります。上記の比較からもz32 NAでは車重が軽いスポーツカーに勝つのは難しいだろう~と見通しが立てられます。足をしっかり煮詰めれば頑張れるかもしれないけど。

サーキットで走ることを目的としたらz32NAでは力不足となりますが、公道をゆったりと流したりツーリングを楽しむ分にはNAでも十分かなと思っています。試しにNA買って『加速のパンチが足らないなぁ』と思ったらターボ化もできます。僕はどちらかというとそっちの道を歩みました。

最後は自分の感覚が頼りになると思いますので、購入の検討をするときは必ず試乗して確かめてみると良いと思います。

Sponsored Link

まとめ…修理費や維持費が高いのはz32だけではなくなってきた。

実家で冬眠中のスープラSZ-R

直列4気筒のシルビアは別そして、まわりのスポーツカーも維持費が高いと考えられます。例えば、80スープラは車両価格が非常に高騰しています。モノによっては新車価格以上です。それにz32のターボ車のコネクタが割れる問題は80スープラでも同様な事象があります。

BNR32にリフレッシュ費用として数百万円ぶち込む方もいるわけです。またロータリー搭載車のFD3Sも維持管理は大変なはずです。90年代のGTカーや特殊なエンジンを搭載している車両は純正部品の値上がりもあるので軒並み、維持費用が上がっています。

何につけても修理費や維持費の話が出るのは、z32だけではなくなってきたということです。しかし、z32の場合は専門店zoneさんのように整備に注力しているショップがあります。zoneではしっかりと整備されて中古車を販売しているので、予算に余裕のある方は問い合わせしてみると良いと思います。


Sponsored Link
Sponsored Link