フェアレディz32 セミレストア日記①ノーマルルーフに箱替えします




本記事では、フェアレディz32の箱替え兼セミレストアをするに至った理由やクルマの仕様についてご紹介します。

z32のターボ車の故障に悩んでいるオーナーも多いはず。

そんな時はエンジンを降ろしてガッツリ整備すれば問題が解決します。自分の場合は少し特殊でTバールーフからノーマルルーフへの箱替えもすることになりました。

使用する車両

  • ドナー車:前期2シーター/Tバールーフ/オートマ/ツインターボ
  • レシピエント車:前期2シーター/ノーマルルーフ/オートマ/NA

完成車両

  • 2シーター/ノーマルルーフ/5速MT/ツインターボ

上記車両から2シーター/ノーマルルーフ/5速MT/ツインターボ仕様を製作します。

エンジン周辺や足回りもしっかりと整備の手が入るので、作業内容はセミレストア兼箱替えといったところです。z32は1989年~2000年まで生産されましたが、初期モデルはノーメンテでは乗れないです(特にターボ車)。

費用についてはまだなんとも言えないけど、かなり掛かりそうです。作業完了後にそちらもご報告できればしたいと思っています。

クルマを預けるお店は住まいから1県またぐ距離なので、往復の移動は楽なほうかもしれません。ヘビーなチューニングを実施するときにはショップへの移動距離も重要ですよね。

LIN
住まいの近くに専門店があったらラッキーです(‘ω’)ノ

『フェアレディz32 セミレストア日記』シリーズでは情報共有の意味も含めてレポート記事を作成していきます。(※セミレストアの明確な定義はありませんが便宜上、この言葉を使用しています。)

Sponsored Link
Sponsored Link
Sponsored Link

ノーマルルーフに箱替え兼セミレストアをすることになった経緯

ドナー車のエンジンルーム

フェアレディz32の箱替え兼セミレストアを実施することになった経緯を紹介します。まぁ、ここに至るまで色々ありましたw

2016年4月に購入した90年式の2シーター/Tバールーフ/オートマ/ツインターボが全ての始まり

2013年から現在に至るまで最終型のz32 2by2に乗っていますが、もう少しコーナーで曲がりやすい車両が欲しくなってz32の2シーターを購入しました。

今振り返ると、前期型の車両状態を侮っていました。エンジンルームの写真を見返すと埃や汚れが多く、マメに整備されていた車両とは思えないですねw試乗中は特にトラブルが出なかったし、エアコンは冷風が出ると中古車屋から説明されたけど、外れの車両でしたね~。

LIN
焦りゆえの過ちでした。z32前期のターボ車を買う際は気をつけてください

ドナー車のトラブルの概要

  • Tバー特有の雨漏り(助手席側が中心)
  • ブレーキ踏むとエンスト
  • 排気温度警告灯が点灯
  • 強化ATがだだ滑り
  • マフラーから白煙
  • エアコンの冷風は購入後すぐに温風しか出なくなった(^^♪
  • リフトに上げるとドアが閉まりづらくなる

マニュアル載せ替えを想定して、40万円で買ったのにエンジンからトラブル続出でそれどころじゃなくなった\^o^/

5速化を目標にz32のAT中古車を買うのがオススメできない理由

2018.01.09

妥協すればまだ乗れる車両でしたが、安心安全を求めてエンジンを降ろして修理しようと思いました。しかし、リフトに上げるとドアが閉まりづらくなるボディに投資をするべきか判断に困っていました。

そんな時、相談先でまさかのノーマルルーフの箱を紹介してもらったわけです。


救世主
Tバーはボディ弱いし、お金かけるなら鉄屋根に箱替えしちゃえば??
LIN
まさか、超希少なノーマルルーフに出会えるとは…
多くのアドバイスを頂戴し、ノーマルルーフを買ってお店に作業を依頼。最終型は改善されてますけど、前期のTバールーフはそんなに剛性が高くありません。

リアハッチだけでもロールケージを入れれば前期Tバーでも剛性がかなり改善します。それも一つの解決策でしたが、修理のメンドクサイ雨漏りからは逃れられないのでノーマルルーフへの箱替え兼セミレストアを選択しました。

このような経緯があって2シーター/ノーマルルーフ/5速MT/ツインターボ仕様の製作を始めました。

Sponsored Link

フェアレディz32 セミレストア日記① 作業は目下進行中です

フェアレディz32の2シーター ツインターボ

ドナー車:2シーター/Tバー

使用する車両

  • ドナー車:前期2シーター/Tバールーフ/オートマ/ツインターボ
  • レシピエント車:前期2シーター/ノーマルルーフ/オートマ/NA

完成車両

  • 2シーター/ノーマルルーフ/5速MT/ツインターボ

セミレストアで経験できる作業内容

  • 箱替え
  • ミッション載せ替えによる5速化
  • NA車両のターボ化
LIN
作業は目下進行中

流れとしてドナー車からエンジンを降ろし、エンジンを整備します。それと同時に大量の純正部品を発注する手筈だそうです。細かい作業の方向性については現車を確認しながら調整しています。

長年の熱害でエンジンルーム内の補機類は軒並み交換の必要がありました。再度、組付けた後にトラブルの原因になるので、中古車のエンジン降ろしの作業は補器類は使い回しはしないそうです。

ボディにも錆が多数あったので、処理をして頂いております。

LIN
前期型のz32は旧車の域に片足を突っ込んでいます

作業を進めれば進めるだけ修理をした方が良い個所が見つかります笑。良いクルマ作りのために、最後までやり遂げる気概で頑張っています。

Sponsored Link

2シーター/ノーマルルーフ/5速MT/ツインターボの仕様

セミレストア中のフェアレディz32の2シーター/ノーマルルーフ/オートマ/NA

レシピエント車:2シーター/ノーマルルーフ/オートマ/NA

フェアレディz32 2シーター ノーマルルーフの紹介&5MTのツインターボ仕様になる予定

2018.02.25

z32 ツインターボの簡単な仕様

  • タービンは純正・・・ブーストアップもしつつ、追加メーターも導入予定
  • オートマから5速化・・・ミッション、マニュアル用のペダル、プロペラシャフトは持込み
  • 内外装は移植・・・フロントバンパーはmission製に交換
LIN
エンジンルーム内の部品は刷新されます

製作中のz32 ツインターボの仕様について簡単に紹介します。あくまでもドナー車がいますので、エンジン本体やマフラー、エアロと赤内装は移植します。ほかにもz1 motorsportsから購入したパーツがありますので使っていきます。

エンジンハーネス、エアコンや補器類は新品もしくはリビルト品になります。z32は後戻りがやりにくい構造になっていますので、一度にリフレッシュしないと大変です。

5速化については5速ミッション、マニュアル用のペダル、プロペラシャフトは持込みとなります。ミッションとペダルはヤフオクで買いました。

z1 motorsportsの軽量アルミプロペラシャフトは個人輸入しました。マニュアル用のペダルはすでに製廃ですが、なくても他の製品を使うようです。

内外装はドナー車から移植しますが、フロントバンパーはmission製に交換する予定です。レシピエント車から外したバンパーや内装部品は回収して保管します。

z32用トラスト製のTD04タービン

z32用トラスト製のTD04タービン

社外タービンも検討していましたが、エンジン本体も弄る必要があるので予算がさらに必要です。安全マージンを優先して純正タービンのブーストアップ仕様にしました。ストックしていたトラスト製のTD04タービンは売っちゃいました笑

過去にNAをターボ化した純正タービン+ブーストアップ仕様のZ32を試乗したときは非常に楽しいクルマでした。社外タービンを組まなくても、このレベルであれば十分だなと思った次第です。

LIN
扱いやすくて楽しいz32に乗りたいです。

NAの車体をターボ化するメリットはいくつかありますので、デメリットも含めて『z32 naをエンジン載せ替えでターボ化するメリットやデメリットは何?』にまとめました。z32の場合、NAのターボ化はオリジナルのグレードを作っている感覚です。それだけターボとNAの仕様は差異が多いということです。

次回は『z32 セミレストア日記②VG30DETTの解説本と整備状況を紹介』をお届けます。

z32 セミレストア日記②VG30DETTの解説本と整備状況を紹介

2017.05.22
Sponsored Link
Sponsored Link