【草ヒロ】z32 初期型リアハッチのサビ|リアスポの下は魔界だった

草ヒロとかしている初期型z32から、ウレタン製リアスポイラーを外しました。

もともと、サビが見えていたのでどこまで進行しているのか見たいと思ったからです。

ですが、想像以上にサビが進行していた次第です。

z32 初期型リアハッチのサビが見えていたので、リアスポを外してみたくなった

草ヒロとかしている初期型z32:リアスポの付け根からサビ穴が見える

もともと、このリアハッチは今乗ってるノーマルルーフに装着されていたものです。最初からサビでいたので、ドナー車のリアハッチと交換しました。

そして、ドナー車だった2シーターのTバールーフは今現在、草ヒロが進んでいるというわけです。

助手席側のサビ穴はリアスポイラーの位置決めピンが入る穴から進行中でした。

下がどうなってるか見たかったので、この度脱着を決意しました。

z32 初期型リアハッチのサビ|リアスポの下は魔界だった

初期型のリアスポイラー脱着完

初期型のリアスポイラーはウレタン製で、経年劣化でブヨブヨに柔らかくなります。手で簡単に直角に曲げられます。

想像以上に酷いリアハッチの状態:運転席側にもデカいサビ穴が…。

リアスポイラーを外したあとのリアハッチは想像以上にヒドい状況で、運転席側にもデカいサビ穴が確認できました…。まさに魔界である。

助手席側:リアスポの位置決め穴がなくなってサビ穴に変貌

運転席側:本来はリアスポの位置決め穴が存在

リアスポが付いている時に見えたサビ穴の全貌が見えました。ここは本来、リアスポの位置決め穴が存在します。

きっと穴から水が侵入して、サビるんだと思います。

運転席側:こちらにもデカいサビ穴

運転席側にもデカいサビ穴がありました。こっちはウレタンのリアスポが水吸って錆びたのかもしれない。

反対側が見える

反対側も見えてます。

サビ穴から先まで進行中か。。

サビは穴から広い範囲に進行中らしく、壁面を指で触ると変形するありさまでした。

2by2だったら替えが利きますが、このリアハッチは2シーター用ですから困ったものです。

草ヒロのスポーツカーはサビの侵攻具合が怖い

今回は、草ヒロとかしたz32のリアハッチのサビについて書いてきました。

想像以上のサビの進行具合に驚きと絶望を味わいました。リアハッチは最悪交換すれば良いので、まだ大丈夫でもありますが…。

草ヒロのスポーツカーは、目に見えない箇所のサビが侵攻している可能性が高いです。車が置いてあるところが舗装されていない砂利エリアだと、湿気がたまるのでダメージが蓄積されていきます。

Tバールーフのz32はルーフからの雨漏りもあるから余計ですね。

草ヒロのz32を買う際は注意したほうがいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です