z32 NAとツインターボのメリット・デメリットをさらっと紹介




本記事ではz32検討中の方向けにNAとターボのメリット・デメリットを紹介します。

z32はNAとツインターボの仕様がありますので、購入の際は迷いどころかと思います。

過去を振り返ると、僕はツインターボの故障が怖いのでNAを選びました。ですが、チューニングを楽しみたくなってツインターボを仕上げなおしました。

2台を比較するとNAは維持がしやすく、ツインターボはチューニングの醍醐味が味わえますが故障のリスクとどう向き合うかが課題となります。

今回は自分の経験も踏まえて、両仕様についてさらっとまとめてみました。

 

z32 NAのメリット・デメリットをさらっと紹介

z32 NAのメリット

  • ツインターボよりも維持しやすく価格も安い
  • 乾いたマフラー音

NAのデメリット

  • クルマを重くするようなカスタムをしだすと、低速領域で運転がしづらくなる
  • エンジンチューニングの醍醐味が経験しにくい

z32 NAのメリット

  • ツインターボよりも維持しやすく価格も安い

z32 NAのメリットはなんといってもツインターボに比べて故障のリスクが少なく、維持しやすい点です。z32 NAに乗っていて高額出費を伴うようなエンジントラブルは経験したことはありません。

z32 naの維持費はいくら?故障の頻度やツインターボとの違い等

そしてNAは価格が安く手に入ります。z32のスタイルに惚れこんでいて、コストを抑えて乗りたい方にはオススメできます。

  • 乾いたマフラー音


NAの魅力はなんといっても乾いたマフラー音でしょうか。音を楽しむことに終始すればワンオフマフラーを作り込むのも楽しいと思います^^

NAのデメリット

  • クルマを重くするようなカスタムをしだすと、低速領域で運転がしづらくなる

ホイールの18・19インチ化、ボディのワイド化に伴うリム幅アップ、キャリパー・ローターの大型化など、GTカーのカスタムは基本的にクルマを重くします。

実測200馬力近辺のz32 NAでそうしたカスタムをしていくと、低速領域で運転がしづらくなる可能性があります。

過去、NAで18インチのホイールを履いていましたが17インチにインチダウンしました…。インチダウンしたおかげで出だしの良さが改善したことをよく覚えています。

  • エンジンチューニングの醍醐味が経験しにくい(人による)

クルマを大きくした分、パワーを上げたくなってもNAのエンジンではできません。メカチューンは1馬力1万円というのが定説でNAにこだわりがある方じゃないとチャレンジできないと思います。

参考文献:『z32 NAのメカチューン』

しかし誰しもがエンジンチューニングをしたいわけでありませんので、このあたりは個人差はあるかなと思います。

z32 ツインターボのメリット・デメリットをさらっと紹介

z32 ツインターボのメリット

  • ブーストアップにより比較容易にパワーを上げることができる
  • エンジンチューニングによりNAでは到達できない領域を経験できる

ツインターボのデメリット

  • NAより価格が高く、燃費も悪い
  • 故障により50万円以上の高額出費を伴うことがある
  • エンジンの水温・油温管理はNA以上に気を遣う必要アリ

z32 ツインターボのメリット

  • ブーストアップにより比較的容易にパワーを上げることができる

ブーコンでエンジンパワーを比較的容易に上げることができます。NAに乗っている間はブーストアップという定番メニューの存在が羨ましく感じましたね。

ただz32は生産終了して20年近く経過しつつありますので、ブーストアップ時の状態チェックは必要だと思います。

  • エンジンチューニングによりNAでは到達できない領域を経験できる

z32への情熱とお金があれば、400馬力オーバーの世界を経験できるでしょう~。NAでは逆立ちしても到達できない領域です。

ツインターボのデメリット

  • NAより価格が高く、燃費も悪い

オートマ・5速マニュアル車なのかで違いはありますが、基本的にツインターボ車はNAよりも価格が高いです。そして燃費も良くはありません。

故障のリスクもNAより高いです↓

  • 故障により50万円以上の高額出費を伴うことがある

z32のツインターボは熱害によるダメージが他車に比べても多いです。

程度が悪いz32だと故障箇所が多かったり、ターボチャージャーに問題があればエンジンを降ろします。経年劣化している補器類やエンジンハーネスなどは一度外したら使い物にならないので新品に交換です。

50万円以上の高額出費になりますことがありますが、一度リフレッシュしてしまえば安心して乗れます。

  • エンジンの水温・油温管理はNA以上に気を遣う必要アリ

z32は水温・油温がどうしても上昇傾向になります。必要に応じて、ラジエーター・オイルクーラーなどもアップグレードすることでエンジンの維持管理に気を遣う必要があります。

このあたりを考慮に入れてもらえれば、NAモデルの維持のしやすさがご理解いただけると思います。

まとめ:ツインターボ車は故障のリスクをどう克服するかがカギ

ツインターボの故障の多さはz32に乗っていない方にも認知されています。

ということもあり、まずはz32 NAを選択される方が多い印象があります。NAの魅力は故障が少ないく維持がしやすい点にあります。しかしツインターボ車のように馬力を上げることは容易ではありません。

チューニングを楽しむのであればz32のツインターボがやはりオススメです。

中古車の目利きをして外れを引かないようにすることも大切ですし、故障のリスクをどうやって克服していくかがカギになってくると思います。

↓2シーター ツインターボのレビュー動画↓
 

↓Tj huntによる2シーター NAのレビュー動画↓


Sponsored Link
Sponsored Link