z32 NAのメリットとデメリット|チューニング目線から紹介

フェアレディz32のメリットとデメリットをまとめていきます。

z32のNAはツインターボよりも安価で買いやすく、維持がしやすいのが特徴です。

今回は、チューニング目線からのデメリットも含めて自分の経験から紹介していきます。

フェアレディz32 NAの維持費を紹介|故障の頻度やツインターボとの違い等

z32はNAの人気が高い

「NA好きのZ32ユーザーって結構多いんです。VG30DEは良く出来てますからね。最近ではオーバーホールと同時にメカチューンをする、なんて機会も増えてきましたよ」とは、レヴォルフェ溝田代表。

引用元:「NAでもターボでも楽しめる純血スポーツ“Z32”の魅力を再検証」的確な機関リフレッシュでZの輝きを保つ!

フェアレディz32はNAの人気が高いです。

古くからツインターボの不具合がネットに残っていたり、専門店もNAを進めたりするのが理由かなと思います。

ネオクラシックカーとして、片足を突っ込んでいるz32ですから、目をギラギラさせてチューニングするみたいな文化はあまりないですよね。

どちらかというと、長く乗りたいという声が多い気します。

z32 NAのメリット

z32 NAに乗ることのメリット

  • ツインターボに比べて、重大故障に陥る確率が低い
  • マフラー音が官能的
  • 車両価格がツインターボよりも安い
  • 敷居は高いが、こだわりがあればメカチューンにも行ける

z32 NAに乗ることのメリットは、重大故障に陥る確率が低く、マフラー音が官能的であることです。

特にツインターボはエンジン脱着なしにターボチャージャーの交換が実質できません(ホントはできるけど)。よって、タービンブローの場合はエンジン脱着コースになって、多額の出費を伴うことになります。これは、他のターボ車にはない厄介なリスクです。

NAはエンジンOHに出さない限り、多額の出費はなく、安心安全に乗ることができます。

マフラー音もツインターボよりも官能的であることも魅力の一つです。こだわりがあれば、NAのメカチューンにもチャレンジすることもできます。

また、NAとツインターボの両方は同じ排気量なので、税金面でのメリットはそんなにありません。

z32 NAのデメリット

z32 NAのエンジンルーム

z32 NAに乗ることのデメリット

  1. 一段上のツインターボの加速』を味わえない
  2. 手軽なパワーアップ手段がなく、伸び代がないためステップアップできない
  3. 様々なメディアからのチューニング情報を享受できない

z32 NAに乗ることのデメリットはほとんどがチューニング目線での内容です。

つまり、z32のチューニングにまったく興味がないのであれば、ここで紹介する3つはデメリットにはなりません。

1.『一段上のツインターボの加速』を味わえない

z32は純正R200仕様、純正タービンでブーストアップするだけでかなり速くなります。それだけでも、シートに身体が押さえつけられる気持ちのいい加速をするようになります。

ですが、NAでは『一段上のツインターボの加速』を味わうのは難しいです。

z32NAの加速感は、他の普通乗用車と似たようなレベルで、『速さを求めて買うモデルではない』ことは確かです。

2.手軽なパワーアップ手段がなく、エンジンに伸び代がない

基本的にNAにはブーストップなどの手軽なパワーアップ手段がありません。

NAに乗っている最中にz32ツインターボへの欲求に目覚める人はそこそこいます。そうした場合、エンジン載せ替えか乗り換えるぐらいしかステップアップの方法がないです。メカチューンも敷居が高いです。

どれを選択するにせよ、NAエンジンからのステップアップには多額の費用が必要なのです。

z32のエンジン載せ替えによるターボ化には100万円以上の予算と工期が必要で、NA乗りの誰しもが決断に悩みます。安いツインターボを買い直すのは最悪の手法で、故障の沼にもれなく突入します(実体験)。

NA買ってから、ツインターボに恋すると結構大変だよね

LIN

3.様々なメディアからのチューニング情報を享受できない

OPTIONやドリ天などの車雑誌では連日、ターボ車のチューニング情報が発信されています。

それらを読んで、「あーでもないこーでもない」と自分の車に落とし込む妄想もスポーツカーに乗ることの楽しみだと思っています。

昨今の新車はスポーツカーでなくても、ターボエンジンが搭載されることが多くなってきました。90年代のようにターボチューンがより一層注目されていきます。

NAに乗ってるとスタートラインにすら立ててないので、チューニング雑誌を読んでも純粋に楽しめないんですよね。

まとめ|z32 NAに乗るとステップアップの難易度が上がる

今回は、チューニング目線でz32のNAのメリット・デメリットをまとめてきました。

どこでも言われているように長く維持することに向いていることがz32NAのメリットです。重大故障に伴う大きな出費の心配はあまりなく、車両価格もツインターボに比べて安価です。

チューニング目線からのデメリットとしては、ステップアップの難易度が上がってしまうことです。僕もそうでしたが、高いお金を出してエンジン載せ替えするかどうかはかなり悩みました。

そのときは最初からツインターボにしておけば良かったなぁと思ったぐらいです。ただ、これはあくまでもチューニングに特化した見方なのです。

それよりも維持費を極力抑えて、z32に乗りたいのであればNAが買いです。

z32 NAの実馬力は200馬力前後|測定事例を3つ紹介【動画】 フェアレディz32 NAの維持費を紹介|故障の頻度やツインターボとの違い等

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です