z32 オートリアル製リアスポイラーのパーツレビュー




白Zにはオートリアル製リアスポイラーを装着しています。こいつは前期リアスポイラーの同等品です。

z32の純正リアスポは中期ではブーメランタイプ、最終型はウィングタイプが存在します。z32の場合は純正・社外含めてバリエーションはありますが、ダントツでこれが人気!という製品はないですね。リアスポレス派も多く、個人の趣向によって選択はバラツイています。

最終型のリアスポはヤフオクにてそこそこの価格で取引されていて、最終型エアロの人気が高いのかも。ただ前期・中期に最終型のリアスポが付いている車両はあまり見たことないという…(謎)

前期・中期に乗っていて最終仕様を目指す方もいますが、僕みたいに最終型から前期のリアスポに移行するのは少数派かもしれない。

本記事では、そんな前期仕様に少し近づけるオートリアル(リアルスピード)のリアスポイラーを紹介します。


Sponsored Link
Sponsored Link
Sponsored Link

購入理由やオートリアル(リアルスピード)についても紹介

フェアレディz32 カスタム事例:ペントルーフのデモカー

ペントルーフのデモカー(オートワークス2002年 6月号、ベスモ2002年)

購入したのはオートリアル(リアルスピード)のリアスポイラーです。購入理由はペントルーフのデモカーに触発されたのが発端。

元々、最終型の純正リアウィングが装着されていたけど、デモカーの影響で前期リアスポが好きになってしまった次第。前期リアスポ+GTウィング+4本出しマフラーの組み合わせが最強なんだけど、僕のz32はNAなのでGTウィングは見送ってます。

コミコミ200万円で製作したというデモカーですが、今だったら絶対にできないですね( ;∀;)同じ仕様で製作しようとしたら、300万円は超えると思う。

フェアレディz32 前期型リアスポイラーの劣化

前期型リアスポイラー(ウレタン製)の劣化具合

純正品を買わない理由は前期の純正リアスポはウレタン製のために、経年劣化で写真のように形状が歪んでしまいます。写真のz32はセミレストア中の車両でして勿論、このリアスポイラーは捨てる予定です笑。

オートリアルは大阪のショップで、リアルスピードというパーツブランドを持ち、z32の整備やパーツ販売もしています。

z32が登場する数少ないブログの一つなので、たまにROMっています。2台目に購入した黒Zは元からリアススピードのフルエアロだったので、意外とお世話になっています。

最近まで3連メーターフードやヘッドライトのインナーヴェゼルも販売していましたが、生産を辞めちゃったようです。z32オーナーは純正派が多いのか、こういったカスタムパーツも生産終了が目立っています。

Sponsored Link

他に候補にしたのはtwinZ designやZONEのリアスポイラー

候補にしたのはTwinZ degignやZONEのリアスポイラーになります。

ZONEでも純正形状のリアスポイラーを販売しているのだけど、リアのハイマウントがクリスタルだったので購入を見送りました。ハイマウントストップランプは赤色が好きなので(^_^;)

TwinZ degignもかなり悩んだけど、購入ルートがその時なくて断念。今は小型のパーツであれば、まとめ買いでZ1から輸入しています。バンパー等の大型パーツは国内の代理店で購入した方が良いですね。

Z1 motorsportsからパーツが到着

後はVIS RACING製のカーボンボンネットも輸入しました。こちらはショップとの間にバイヤーさんが入ってくれて取引をしてくれました。

z32 Vis Racing製カーボンボンネットのパーツレビュー

領域によっては海外の方がパーツが豊富だったりするので、個人で買える体制を整えておくといいと思います。

Sponsored Link

z32 オートリアル製リアスポイラーのパーツレビュー

フェアレディz32のワイド化したリアビュー

z32 オートリアル製リアスポイラーのパーツレビューになります。

スポイラーが何も付いていないとz32のリアビューは丸みを帯びています。装着することで角ばって押し出しのあるリアビューに変化します。前期のリアビューに近づける方がスポーティーさは増すのかなと思います。ワイド化した後のフェンダーとのツラが合っていないのが目立っちゃいますね…。

フェアレディz32のリアスポイラー

ハイマウントストップランプはヤフオクで購入した純正品です。その上にオートリアルのステッカーを貼ってブレーキ時に『FairladyZ』の文字が表示するようになっています。ハイマウント周りもブラックアウトしないと、写真のようにちょっと違和感が出ちゃいます。実は出来上がった当初はブラックアウトしてなくて、塗装し直してもらいました。

リアスポイラー自体が少し歪んでいたのかボディとの隙間ができちゃいましたけど、目立たないので気にならないレベルでした。表面の作りはしっかりしていますし、オススメかと思います。

さらにアブフラッグのリアスポイラー タイプ3という調整式リアウィングを合体させる形で取り付けてもらおうとしましたが、既に生産終了らしい。新品で100,000円ぐらいするウィングですが、装着しているz32を全く見たことない笑。

希望は絶たれてしまったわけですが、ボンヤリと他車種からの流用をしようかな~と考えている最中です。

Sponsored Link
Sponsored Link