z32 Mission フロントバンパーのレビュー│ドリ車スタイルにオススメですね

黒ZにはMissionのフロントバンパーを装着しています。アブフラッグや無難にトラストにしようかと、色々と悩んだ末の選択でした。

このバンパーはz32には数少ない張出タイプの形状となっており、ドリ車スタイルにはオススメなんだと思います。かつてD1に出走していた小山さんのz32が装着していたのは有名ですよね。

自分はドリフトをほとんどできませんけど、カッコいいから選びました笑

ただ街乗りを意識すると、自然と車高が高くなります。デザインの都合上、車高の高さは目立ちやすいので、掲載している写真でご確認ください…。

それでは、Misssionのフロントバンパーのレビューしていきます。

z32 Mission フロントバンパー装着後の外観

バンパー単品の画像です。チリ合わせは必要でしたが、全体的に作りはしっかりしていました。

装着後に気になった事

  • サイドインタークーラーだとフロント開口部がちょっと寂しい
  • サイドステップもMissionで統一した方がベター
  • 鼻先が長くなるので車高には注意が必要
  • 張出部は肉厚が薄いので、強度は低いと推測される

装着後の雰囲気には満足度は高いです…!

ただ気になった事はいくつかありますね。たとえば、サイドインタークーラーだとフロント開口部がどうしても寂しいです。自分は水温との兼ね合いでサイド出しタイプを選択していますが、カッコを優先すると前置きインタークーラーにしたほうが良いかもしれませんね。

あとはフロントバンパーが張出タイプだと、サイドステップもMissionに合わせたい方がベターですね。実物をみると、サイドステップのボリュームの無さが目立ちます。

また車高が比較的高くても鼻先が長い分、勾配がキツイと擦ります。現車高でも注意深く運転しています笑

鼻先の肉厚が薄いのでサーキットでコースアウトするとすぐに割れるでしょうね。

D1出走車がMissioのフロントバンパー装着していました.ドリ車スタイルにはオススメ

D1に出走してた小山選手のz32はMissionのフルエアロを組んでいました。

ドリ車は張出タイプにするとワイド&ローが際立ちますし、カッコいいと思います。

この車両はNAベースなんですよね。

小山さん曰く、「NAの方がHICASも無く、R200の方が、R230のデフと違い、ファイナルギアのチョイスが豊富だからとの事」 です。

引用元:ENCOUNTER: SATORU KOYAMA’S D1 Z32 – POWERS FACTORY

ドリフト車両は余計な装備がないほうがいいはずです。整備にかかる工数がシルビア系よりも多くかかってしまうz32ならなおさら。

話がそれてしまいましたが、Missionはz32のドリ車にはオススメかと思われます(´Д`)

z32 Mission フロントバンパーのレビューまとめ

z32 Mission フロントバンパーのレビューまとめです。

取り付けは地元の板金屋さんでしたが、普通に取りつけることができました。またMissionからバンパーが届くまでには1週間もかからなかったと思います。

出来上がりの雰囲気は非常に満足していますが、張出タイプですから車高の高さはどうしても目立ってしまいます。

こだわりのある方は思い切って車高を下げた方が見栄えは良くなると思います。

自分は擦ってバンパーを破壊するのが怖いので、車高は現状を維持する方向になりました。

以上、z32 Mission フロントバンパーのレビューとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です