【FF11】サーバー・ログイン人口2020の調査結果

2020年に入り、FF11の復帰報告がSNSで相次いでいます。

しかし、FF11の全盛期は過ぎ去っているので人口は減少傾向です。過疎サーバーはそもそも人が少なかったり、競売所での経済活動が停滞している可能性があります。

そこで2020年1月25(土)~1月31日(日)の午後10時~午後11時に、全16サーバーのログイン人口を調査しました。順位は、1位:Asura、2位:odin、3位:bahamutとなっており、一覧表は記事中に掲載しています。

これから復帰する方に、参考にしてもらえればと思います。

ログイン人口の調査目的と方法

調査の目的

  • 各サーバーのログイン人口の傾向を把握するため

ログイン人口の調査方法

  • 調査日時:2020年1月25(土)~1月31日(日)の午後10時~午後11時
  • サーバー別に新規キャラを作って、『サーチ』メニューからログイン人口を測定
  • 各測定日の平均値から順位を決定

今回の調査目的はサーバー別のログイン人口を把握するためです。自分は15年ぶりにasuraサーバーでFF11に復帰しました。しかし、キャラ名変更のためにodinに移動したときにasuraよりも人口がかなり少なかったので、他サーバーの状況が気になった次第です。

調査方法は全サーバーにキャラを送り込んで、『サーチ』メニューからログイン人口を人力で調べています。具体的な調査方法は以下のようになります。

全16サーバーにキャラを送り込み、ログイン人口を調べる

サーチメニューからサーバーのログイン人口を測定

やり方はとても単純で、全16サーバーにキャラを送り込んでサーチメニューからログイン人口を調査しています。調査日時は2020年1月25(土)〜1月31日(日)の1週間分となります。ログイン人口を調べた時間帯は午後10時〜午後11時です。

日本時間でログイン人口がピークを迎えそうな時間帯を狙っています。朝の時間帯も調べてみたかったのですが、工数不足のために断念しました。

【FF11】サーバー・ログイン人口の調査結果2020

FF11・ログイン人口の調査結果2020の一覧表

調査結果の概要

  • Asuraが2位のodinに大差をつけて1位を獲得
  • ログイン人口が最も少なかったCerberusは400人を切ることもあった

各測定日の平均値から、ログイン人口の順位は1位:Asura、2位:odin、3位:bahamutとなりました。Asuraは2位のodinに大差をつけて1位を獲得しました。

Asuraは外国人サーバーとなっており、街では英語のシャウトが飛び交っています。2位のodinは日本人が比較的多いとされ、日本語のシャウトが多いですよね。

このような結果から、人口が集中しているサーバーはAsuraとみて間違い無いでしょう。Asuraは外国人が多いので、実際のピークは日本のゴールデンタイムからずれています。自分がみた範囲だと、週末のピーク時は2800人ぐらいいましたね。

Asuraは2019年3月には3000人を超えた時間帯もあったようです。一説には、2018年にアメリカの有名ゲーム実況者のNinjaが、FF11をTwichで実況したために、Asuraの人口が底上げされたと言われています。

4位以下はすべて1000人を下回っており、比較的空いているサーバーですね。

特に16位となったCerberusは400人を切ることもありました。ゴールデンタイム以外はさらに人が少なくなるはずなので、300人を切る時間帯はあるかもしれません。

以上のように2020年現在、FF11の人口動向はAsura一強の状況が続いていることがわかりました。

復帰するなら、Asuraかodinが順当な選択

  • 人の多さを味わいたいのであればAsura
  • 日本人が多いサーバーがいいのであれば、odinがおすすめ

これから、FF11に復帰するならAsuraかodinが順当な選択だと思います。

自分はかつてのように人の多さを味わいたいので、Asuraで遊んでいます。英語に対してのアレルギーもないので、今のところは正解でした。asuraは競売所の取引も活発で、全体的にインフレ傾向でギルがたまりやすいです。

日本人が多いサーバーがいいのであれば、odinがオススメですね。最近、復帰する方はやはりodinが多い印象です。

それ以外のサーバーとなると、『昔、このサーバーで遊んでいたから。』などの拘りがある人向けでしょうか。また、過疎サーバーはエンドコンテンツが空いているので、混雑を避けて効率的に遊ぶには向いているという声もあります。

まとめ|調査を終えて…

今回は、全16サーバーのログイン人口を調査してきました。午後10〜午後11時という限定された時間帯での調査でしたが、各サーバーの人口動向は把握することができました。

1位のasuraと、16位のCerberusとの差がかなりあったことは個人的には驚きました。復帰するときはたまたまAsuraサーバーを選んだので、『未だにログイン人口が2000人超えてるじゃん。FF11やるじゃん!』と思っていました。しかし、Asuraだけが飛び抜けて栄えてるだけでしたね(^_^;)

そんなFF11の人口傾向ですが、需要があれば2021年版もやってみたいです。

4 COMMENTS

蹴鯖の通りすがり

最下位のケルベロスサーバーですが、現在週末のゴールデンタイムで約800を超えている状況です。調査時点から約、倍の人数ですが、アスラサーバーでは4000人を超えているようなので、一概には言えませんが、どこのサーバーも約、倍くらいの人数になっていると思って良さそうです。ただし業者の数も増えているので、きちんと対処してもらって正確な人工を把握できれば良いですね。

返信する
LIN

体感的にそのようだと感じております。 youtubeでのFF11実況の盛り上がりや例の疫病の影響もあってか、人口は明らかに増えていますよね。

ただ、こうした個人的な調査は常にできるわけではないので、傾向の把握に役だってくれれば幸いです。

返信する
ななし

こういう調査はありがたいです。
参考にさせて頂きました。ありがとう

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です