【blender 2.8】ボーンが見えない時の表示方法:『最前面』にチェックで解決

blender2.8のボーンが見えない時の解決法です。

ダウンロードしたオブジェクトファイルを読み込むと、ボーンがオブジェクトに隠れてしまい、見えなくなる時があります。

解決方法は、ビューポート表示⇨『最前面』にチェックを入れてください。以下に画像でまとめます。

症状:ボーンがオブジェクトに隠れて表示されない

緑の人型モデルの中に、ボーン(metarig)が入っているが全く見えない

緑の人型モデルの中に、ボーン(metarig)が入っているのですが、全く見えません。ビューポートでは表示状態ですが、オブジェクトの後ろに隠れてしまっています。

これではポーズ編集するときは、とてもやりづらいのでボーンを表示させるようにする必要があります。

【blender 2.8】ボーンが見えない時の表示方法:『最前面』にチェックで解決

【blender 2.8】ボーンが見えない時の表示方法

【blender 2.8】ボーンが見えない時の表示方法:『 最前面』にチェックで解決

【blender 2.8】ボーンが見えない時の表示方法

  • シーンコレクションから、対象ボーンをクリックしてナビゲーションバーを表示
  • ナビゲーションバーのオブジェクトデータプロパティから、ビューポート表示⇨『最前面』をチェックする

画像の通り、対象ボーンのオブジェクトデータプロパティを表示します。その後、ビューポート表示の中にある『最前面』にチェックを入れてください。

すると、オブジェクトに隠れていたボーンが透けて表示されるようになります。

ボーンの表示方法については以上になります。

補足:ダウンロードしたオブジェクトデータを開くと症状が発生する

海外サイトから落とした腕のモデルは、最初からボーンが隠れる設定だった

自分で1からモデリング作業をしている限り、今回の症状はいきなり発生しません。初期設定だと、『最前面』にチェックが入っています。

しかし、海外サイトから落としたオブジェクトデータを開くと今回の症状が出ました。

ボーンがいきなりオブジェクトデータに隠れて、見えなくなったのでびっくりました。なので、海外サイトからバージョン違いのオブジェクトデータを開くときは注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です