三州園ホテルの火災前の内装|当時のオーナーっぽい方について

現在では有名廃墟となっている愛知県の”三州園ホテル”

放火で内装もボロボロになりましたが、現役当時には坂上忍主演「天界戦士ファンタジー伝説 レムリアの陰謀」のロケ地になりました。

今回はその時の火災前の内装と、オーナーっぽい方についてまとめていきます。

当時の様子が一番参考になる記事:三州園ホテル 閉館1年後の内部画像

三州園ホテルは「天界戦士ファンタジー伝説」のロケ地となった

高天原の神々とレムリアの魔神たちの戦いの火ぶたが切られた!!

三州園ホテルは現役当時に、坂上忍主演「天界戦士ファンタジー伝説 レムリアの陰謀」のロケ地になってます。

このビデオは愛知県蒲郡市の協力のもと、1994年ごろに制作されました。武井壮のお兄さんの故・武井情が出演していたりします。

無表情で剣を握る坂上忍。すると、、

天界からやって来た主人公「タケル(坂上忍)」が魔族との戦いを繰り広げるストーリーです。コスプレ感満載で、坂上忍版実写ドラクエかもしれないです。

剣から謎ビームが発せられ、魔族を撃滅していく、、

無表情で剣を構える坂上忍から謎ビームが発せられたりと、黒歴史の匂いが立ち込めてきます。

参考URL:そこに刻まれた轍 ほのくに幻影物語(⑨蒲郡ファンタジー伝説)

三州園ホテル 現役当時の外装

そんなビデオの中に三州園ホテルの現役当時の様子が写っています。

三州園ホテル(廃墟)の火災前の内装

「天界戦士ファンタジー伝説」にて、三州園ホテルのエントランスと部屋の一部が登場します。

ただ、ガッツリとロケ地として利用されているかと思いきや、残念ながら登場シーンは少なめです。

以下に内装画像を紹介します。

本編中の三州園ホテル

画像①:現役当時のロビー

こちらが三州園ホテル正面入口から入ってすぐのエントランスロビーのはずです。

おそらくですが左上が受付、右上が喫茶コーナーと思われます。

喫茶コーナーの席にワインレッドのベストを着た人が座っていますが、この方が後述するホテルのオーナーっぽい池田さんだと思います。

画像②:奥に見えるのがロビーの大階段か?

次に別角度から捉えた画像です。

画面奥に見えるのがエントランスロビーの大階段と思われます。画像①の画角は、この大階段から撮影したものですかね。

廃墟となった今では異様な雰囲気を醸し出している一階の階段ですが、現役当時はこのような姿でした。

部屋の内装

こちらはホテルの部屋の内装です。

廃墟となった今では想像もできませんが、当時はどこにでもありそうな普通の部屋だったんだな..と感慨深くなります。

エンドロール後に流れた映像

ホテルロビーの売店前

三州園ホテル1階のロビーはかなり広いらしく、大階段の反対側にもスペースがあります。

画面奥が売店でお土産などが売られていました。

ホテルロビー:奥に見えるのが大階段か?

カメラを左から右へパンして捉えた画像です。

スペース中央にはソファーが並べられ、奥には大階段が確認できます。1階ロビーは相当に広いスペースだったことがわかります。

三州園ホテルの部屋

こちらはチラッと写る三州園ホテルの部屋です。

三州園ホテルの大浴場

三州園ホテルの大浴場

三州園ホテルの6階にあった大浴場も写ります。円形のパノラマ風呂が特徴的。

今現在では窓ガラスも割れ、当時の面影などまるで残ってませんが、現役当時の眺めは素晴らしかったはず。

三州園ホテルのオーナーっぽい方も出演してる?

三州園ホテルのオーナーの池田照治さん

三州園ホテルの池田照治さん

本編の途中で、三州園ホテルの池田照治さんという方が出てきます。ガチにちょい役なので、顔出しでの出演シーンはこれだけしかありません。

自己紹介シーンもなかったものの、三州園ホテルのオーナー家の苗字は「池田」と言われています。

そのため、この方が当時のオーナーかもしれません。

本作が撮影されたのは1994年頃ですが、もし現在でも在命であれば95〜100歳と推定されます。

ですが、オーナー家が現在どのようになされているのかは不明です。

その他:現役当時の写真

まとめ

今回は、三州園ホテルの現役当時の画像を「天界戦士ファンタジー伝説 レムリアの陰謀」から引用して紹介しました。

個人的に気になっていた廃墟の一つでしたが火災前の状況を見ると、豪華なホテルだったことがわかります。そのため、廃墟になったあとに放火されたのは残念極まりない。

それでも現役当時の様子がビデオや写真で残っている廃墟のほうが、どちらかといえば貴重です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です