【バイオハザード1】Charlie(実写クリス)のインタビュー翻訳|巨大な目は指で引張っていた?

バイオザード1の実写パートでは、Charlie Kraslavskyが初代クリスを演じていました。

バイオハザード初代の海外ファンにより発見されて、2017年にインタビューがされました。

今回はそれを翻訳しました。訳は全部合ってるかわかりませんが、ニュアンスが伝われば幸いです。

【バイオハザード1・多摩川】素人が抜擢された理由とギャラについて バイオハザードの多摩川ロケに参加した俳優たち【バイオハザード1・多摩川ロケ】実写俳優たちのプロフィールと現在について

【バイオハザード1】Charlie(実写クリス)のインタビュー翻訳

初代クリス役:Charlie Kraslavsky

以下がバイオハザード・多摩川ロケに参加したCharlie(初代クリス)のインタビュー翻訳になります。

最近まで出来上がった映像を見ることはなかった

QUOTES FROM HIM THE 8TH OF OCTOBER 2017.

“I was very excited to be cast as Chris Redfield in Capcom’s Resident Evil Biohazard. I never got to see the footage until recently, when a friend of mine who is an avid gamer happened upon it by accident on youtube, and he forwarded it to me.

At the time I was an actor in Tokyo, from 1990 to1996, it was very difficult to get production companies to make a VHS copy and mail it to you. It’s not like today, where they can just email you a link.

Anyway, that was a really fun shoot, with super cool costumes, and much more fun than most of the acting work I was doing at the time. That was over 20 years ago, and my memory of the other actors and other details are fleeting, but I am happy to share with you what I remember:

2017年10月8日

バイオハザード1(カプコン)のクリス・レッドフィールドを演じたことはとても楽しかったです。最近までその映像をみることはありませんでしたが、ゲーマーの友人がyoutubeで偶然発見して、私に教えてくれたんです。

1990年から1996年まで東京で俳優をしていた当時、制作プロダクションからビデオのコピーを送ってもらうことはとても困難でした。メールでリンクを送るだけでいい、今現在のようではないのです。

ともかくも、クールな衣装が着れて、当時やっていた役者仕事の中では、はるかに楽しい撮影でした。20年以上前のことなので、他の俳優と詳細については記憶がうすらいでいますが、当時の事を話せるのは嬉しいですね。

キャスティングはI.M.O. (稲川素子事務所)が行なっていた

At the time I was represented by I.M.O. (Inagawa Motoko Office) in Tokyo. I am pretty sure that all the actors on that shoot were hired from I.M.O. I actually also worked for I.M.O. as a casting agent.

This agency hired bilingual foreigners to work in the office doing castings, taking talent to auditions and film and tv shoots, to act as their manager and translator, as well as being talent ourselves. It was a unique business model, that allowed the agency to leverage our acting and language skills at the same time. Many foreigners would come and register at this agency, and they supplied actors and background talent to countless Japanese films, tv shows, and commercials.

当時、私は東京にあるI.M.O. (稲川素子事務所)の代表者でした。バイオ1の役者は、間違いなくI.M.Oに雇われていた人達だと思います。私は実際に配役の代理人としても、I.M.Oで働いていました。

この芸能事務所は、配役業務やオーディション、映画、テレビで才能を発揮するバイリンガルの外国人を雇ったり、彼らのマネージャーや通訳も雇用していました。私たちの演技力と言語スキルを芸能事務所が同時に利用できる、ユニークなビジネスモデルでした。

多くの外国人がその事務所に登録していて、無数の日本映画とテレビ番組やCMに、役者とエキストラとして派遣されていました。

※I.M.O(稲川素子事務所)は、外国人タレント専門の大手芸能事務所

俳優陣の印象:Eric(ウェスカー)とはバイオ以外の仕事でも共演

ウェスカー役のEric Pirius(現在は銀行マン)

I did not work on any other projects with any of those other actors from Biohazard, except Eric, who played Wesker. Eric was a regular that would often go to auditions, and acting jobs with me.I remember he used to always ride his bicycle around Tokyo like a crazy man, running red lights.I remember feeling like someday he would get in an accident with a car, but as far as I know he was fine. Sorry, I don’t remember his last name.

As for Inezh being a high school girl, and complaining about bug bites, and wanting to finish early, that all sounds correct to me. I don’t remember much about Linda or Jason. I do remember thinking Jason looked just like the sketch of his character,. Greg was really fun, and I know you already have been in touch.

I remember seeing the sketches of the characters at the audition, and how cool the costumes looked.

ウェスカー役のEricを除いては、バイオハザードの役者たちと他の仕事で共演することはなかったです。

Ericはオーディションの常連で、私と一緒に役者の仕事をしていました。彼は狂ったように自転車で東京をよく走っていて、赤信号を突っ切っていたのを覚えています。車との交通事故にいつか巻き込まれそうな気がしましたが、私の知る限りでは大丈夫でした。

ごめんなさい、彼の『性(ラストネーム)』は覚えてないです。(フルネームはEric Pirius)

ジョセフ役のJason

Inerzh(ジル)に関しては、彼女は女子高生であり、蚊に刺されて不満気になって早く撮影を終えたがっていたのはその通りですね。

Linda(レベッカ)とJason(フロスト)についてはあまり覚えてないです。Jasonが、イラストのキャラクターデザインとそっくりだったことはとても印象に残っています。Greg(バリー)は面白い人でたし、あなたが彼に連絡を入れたのも知っています。

オーディションで登場人物のイラストをみて、カッコいい衣装だなと感じたことは覚えています。

クリスの役作り:最初はヒゲを生やす予定だった

クリスはヒゲを生やす予定だった(Birth of Biohazardより)

They asked me permission to dye my hair, which is naturally very dark brown, almost black, and they also asked me to grow some stubble. I remember the stylist having a very strong opinion that the character would never grow stubble, that he would be very disciplined about shaving, while the director felt very strongly that I would have stubble because we would be on the mission for several days.

When they dyed my hair, they used straight peroxide, which turned my hair almost a red color. That red hair with my almost black beard stubble looked ridiculous, so they decided the character would be clean shaven.

スタッフ陣から黒に近い自然なダークブラウンに髪を染めることへの許可や、ヒゲを伸ばすことを求められました。監督は『数日間の任務に従事しているのだから、ヒゲは伸びるだろう』と強く感じていた一方で、スタイリストは『クリスは決してヒゲを伸ばさない』というはっきりした意見を持ってましたね。

彼らは髪を染めるときにストレートの過酸化水素水を使ったのですが、赤髪に近くなってしまいました。黒ヒゲと赤髪の組み合わせは、馬鹿げて見えたので、ヒゲは全て剃ることに決まりました。

撮影当時の様子:シャツを汚すために砂場で転げ回る

ゾンビ犬に遭遇するシーンは多摩川河川敷で撮影(Birth of Biohazardより)

I recall shooting the majority of the scenes in an abandoned warehouse, and the surrounding area that was overgrown with bushes. That is where Inezh would have been complaining about the bugs, and working late into the night. The director told us to imagine we were being attacked by dogs, and I think for the interior scenes he described giant werewolf type creatures.

I know you said the director was later quoted saying the acting skills were not very good. I would agree with that, but I would also say that his talent as a director, and the overall production value was also very poor, but I think all of that adds to the charm of this video, especially the cheesy Japanese pop music on the soundtrack.

For the scenes where we are sitting down and resting from the battle, and I am smoking (seems like I was constantly smoking) were shot at a different location. I don’t remember exactly where it was, but probably somewhere on the outskirts of Tokyo. I think it was an office inside some sort of commercial real estate area.

I remember that before we started shooting that scene the director said my white shirt was much too clean, because this was supposed to be after we had already battled. I remembered that the parking lot outside was unpaved, it was dirt and gravel, and there were some puddles from recent rain. I offered to go outside an roll around in the dirt to get the shirt looking dirty and worn, and they thought it was a great idea. I rolled around in the dirt and came back. The stylist was horrified, and thought I was too dirty. The director said that I was not dirty enough, and so I went outside and rolled around some more.

Looking at the video, I think the shirt is still too clean. Really it should have been much more dirty, and maybe a little bloody too.

ほとんどのシーンは、放棄された倉庫(廃墟)と一面茂みの場所(多摩川河川敷)で撮影したことを思い出しますね。そこで、Inezh(ジル)は虫がいることに不満を口にしながら、夜遅くまで働いていたはずです。

監督からは『犬に襲われることをイメージしてほしい』と言われました。(背後から襲われる)室内のシーンでは、彼から説明された巨大な狼男タイプのクリーチャー(ハンター?)をイメージしてます。

演技力がよくなかったと、監督があとで述べたことはわかっています。それについては同意しますが、彼の監督として手腕や全体の映像の質も不十分だったとも言えます。しかし、そんな不十分なデキ全てが、作品の魅力を増していると思います。特にベタな日本のポップミュージックとかね。(主題歌の事)

シャツを汚すために砂場で転げ回って、撮影したらしい

私たちが座って休んでいるシーンや、タバコを吸ってるシーンは違う場所で撮影されています。どこだったかは覚えていませんが、東京周辺です。どこかの商業用不動産エリアのオフィス内だったと思います(青山のスタジオ)。

撮影を開始する前に、私の白シャツが綺麗すぎると監督から言われました。すでに戦闘を行なった後のシーンだからです。

駐車場の外は舗装されておらず、泥と砂利、最近降った雨で水たまりもありました。シャツを汚れて使い古したように見せるために、そこで転がってくることを提案しました。

素晴らしいアイディアだとスタッフ達は思ってくれたはずです。外で転げ回って帰ってくると、スタイリストは汚れすぎだと驚いていました。監督はまだ汚れ具合が足らないと言っていて、さらに何回か外で転がってきました。

映像を見ると、私のシャツはまだ綺麗すぎると思いますね。本当だったらもっと汚れていて、血もついているはずでしょう。

オープニングの見開いた目は指を使って大きく見せていた

クリスが背後から襲われるシーンは、廃墟の廊下で撮影

The very last frame of the video is a close up of my eye, just before the creature kills me. We shot this in one of the hallways at the abandoned warehouse.

I remember the director saying, “when the camera comes right up to your face, open your eye as big as you can in terror”. I did as he asked, but my eyes are kind of small to begin with, and did not look big enough for him.

So we tried it again, and he told me to wait till the camera got close in, and then use my fingers to open my eye even bigger. I remember at the time thinking that surely they will see my fingers in the shot, but it looks like it worked OK in the end…

are they going to make any more Resident Evil films? I had a quick look on IMDB, but I did not see any plans for a new movie… I live in Los Angeles now, and I still do acting work sometimes, and I was thinking how fans like you would love it if I could get a cameo in their next film…

Anyway Fred, it is a strange and very new phenomenon to me to have fans! And I am very grateful…

Kind Regards,
Charlie Kraslavsky (AKA Chris Redfield)

十分すぎるほどに目が見開いているが、監督は満足しなかったようだ

ラストカットでは、クリーチャーが私を殺す直前に目がクローズアップされます。このシーンは、放棄された倉庫(廃墟)の廊下で撮影しました。

『カメラが顔の直前まで近づいたら、恐怖を感じてできる限り目を大きく見開いてほしい』と監督に言われた事を覚えています。言われたようにしましたが、第一に私の目は小さいので、監督には十分に大きく見えませんでした。

このシーンは指で目を引張って、大きく見せているらしい…

もう一度試してみて、監督から『カメラが近づいたら、指を使って目をもっと大きくしてほしい』と言われました。きっと、私の指が映像に入り込んでしまうと思いましたが結局、上手くいったみたいですね。。

バイオハザードの新しい映画は作られる予定なんですか?IMDB(映像作品の情報サイト)をざっとみましたが、新しい映画の情報はなかったですね。

私はロサンゼルスに住んでいますが、役者の仕事はときどきやっています。もしバイオハザードの次回作で、カメオ出演を果たせたらあなたのようなファンがどれだけ喜んでくれるでしょうか。。。

フレッド、いずれにしてもファンがいてくれることは、私にとって不思議で非常に新しい出来事です。とても感謝しています。

Kind Regards,
Charlie Kraslavsky (またの名をクリス・レッドフィールド)

補足とまとめ

今回は2017年のインタビューについてまとめてきました。訳は全部合ってるかわかりませんが、ニュアンスが伝われば幸いです。

初代バイオハザードの役者陣は、『バイオに出演したことを忘れていたorそもそも知らなかった』と答える人ばかりです。所詮は2、3日の撮影だったし、数ある仕事の一つに過ぎなかったのでしょう。

そもそも、Eric(ウェスカー)は『撮影当時はゲームのタイトルを教えてもらえなかった』とも言っていました。彼らが当時のことをあまり覚えていないのも無理ないと思います。

”director(監督)”という言葉が何回も出てきますが、撮影監督なのか三上氏のことなのか定かではないです。両者が混じって話が進んでる気もします。

インタビューの中で、inerzh(ジル)の話が出てきます。今も彼女の素性はわからないので当然、インタビュアーは他の役者に聞いて回ってます。そのとき、三上氏の発言がだいたい参照されます。Charlie(クリス)には、それを元に事前に質問したんだろうと思います。

Charlieも、inerzh(ジル)がダルそうにしてたのを覚えてるんでしょう!

“We shot the opening movie in the Tama River side of Japan. In the beginning of the movie, Jill makes her face look like she is scared, but she was not. The actress for Jill was only a high-school girl at the time and she had to run around outside in the middle of the night and got mosquito bites, so she made that face; ‘I wanna go home!’ She was just an immature kid. That cheap shot was totally my mistake. I didn’t have enough time and money, also I should have picked the actors judging on performances but it’s too late now of course.”

-SHINJI MIKAMI-

私たちは、多摩川の川辺でオープニンムービーを撮影しました。ムービーの始まりで、ジルは怖がるのにそうではなかった。当時、ジルの役者はただの女子高生で、深夜に走り回らなくてはなりませんでしたし、蚊に噛まれたので家に帰りたそうな顔をしていました。彼女はまだ未熟な子供だった。

 

安っぽい映像は完全に私のミスです。時間と予算が十分ではなかったし、演技力で役者も選ぶべきでしたが、今となっては後の祭りです。

 

-三上真司-

行方がわかっていないジルとジョセフも見つかるといいですね!

【バイオハザード1・多摩川】素人が抜擢された理由とギャラについて バイオハザードの多摩川ロケに参加した俳優たち【バイオハザード1・多摩川ロケ】実写俳優たちのプロフィールと現在について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です