アドセンス関連コンテンツの解放条件|初月30万PV達成のブログで実例を解説

アドセンスでブログを収益化する場合、関連コンテンツの貢献は大きいです。

しかし、トラフィック量とページ数の最低要件を満たしていないと解放されません。Googleは具体的な数字は公開していませんが、実体験から見通しが立てられます。

極端な実例ですが、立ち上げ初月に30万PVを達成したブログで解放までの道のりを解説します。

アドセンス関連コンテンツの解放条件

記事下に配置できるアドセンスの関連コンテンツ

Googleが公開している関連コンテンツの解放条件
関連コンテンツは、特定の要件を満たすサイト運営者様のみご利用いただけます。ご利用になるには、サイトのトラフィック量とページ数が最低要件を満たしている必要があります。

引用元:関連コンテンツの概要

Googleはアドセンスのヘルプページで関連コンテンツ解放条件を公開しています。ブログのトラフィック量とページ数が最低要件を満たしている必要がありますが、具体的な数値は公開していません。

解放されたときのPVと記事数から、『だいたいこれくらいが最低条件』といった目安を言うことしかできません。

関連コンテンツの解放条件(目安)
  • 月間のPV数:5000〜30000PV(実体験や他の方の実例も参考)
  • 記事数は100〜115

この関連コンテンツの解放条件は、実体験や他の方の事例を参考にした場合の目安です。

それとは別に、立ち上げ初月に30万PVを達成したブログから解放までの実例を紹介します。

PVだけが多いという極端な例ですが、トラフィック量だけが多くても、すぐには解放されないです。

立ち上げ初月に30万PVを達成したブログで実例を解説

プラグイン『JETPACK』の数値より

2019年10月1日から記事を投入し始めて、約110記事で30万PV超えを達成したブログがあります。それ以前はアドセンス取得用の記事を投入後に、放置していました。

そのブログは、10月20日の時点で20万PVに達しましたが、関連コンテンツは解放せず。そのまま、10月中に関連コンテンツが解放されることはありませんでした。

11月3日に関連コンテンツが解放

最終的に11月3日、約115記事の段階で関連コンテンツが解放されました。

これからわかることは、トラフィック量が高いだけではダメで、記事数や運営期間も必要みたいです。

ちなみに、当ブログはすでに2年以上の運営期間があり、月間PV数は3000〜5000PVです。しかし、61記事しかないので、いまだに関連コンテンツが解放されていません。

PVと記事数の両方が最低条件をクリアしないと、解放されないです。

特に記事数はかなり大切で、運営期間が無駄に長いだけでもダメです。

まとめ:キーワード選定をしっかりとして記事を積み重ねるのが大切

関連コンテンツ解放における注意ポイント
  • PVだけが多くてもすぐには解放されない
  • PVよりも記事数の重要性が高い
  • 記事投入後、運営期間は最低でも1ヶ月は必要かも

関連コンテンツ解放までの道のりを、立ち上げ初月に30万PVを達成したブログで解説しました。

極端な事例を経験してわかったことですが、PVだけが多くてもすぐには解放されません。記事数の条件もしっかりと満足して、安定させるとOKのようです。

ですので、PVよりもキーワード選定をしっかりと行い、記事数100を目指すのが関連コンテンツ解放の近道かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です