CLRのタクローさんがz32の製作をスタート!ショップの紹介動画等




CLRのタクローさんがz32の製作をスタートしました。

CLRは栃木県日光市にあるチューニングショップでしてドリフトをやっている人が多く通っていします。ドリ車パラダイスみたいな場所でして見学に行くだけでも面白いと思いますw

オーナーがタクローさんという方なんですが、『俺のドリ車』と称してz32の製作をスタートさせました。

クルマは90年式 2by2のターボ。

CLRのタクローさんをご存じない方でもyoutubeのほうで製作されたマシンを見たことがあるかもしれません。

そちらの簡単に紹介します。下記はタクローさんのFacebookページからの引用になります。

Sponsored Link
Sponsored Link
Sponsored Link

CLRのタクローさんがz32の製作をスタート!仕様や意気込みがすごいw

現在、私の新マシン、フェアレディZの第一回製作に取り掛かります。日程の関係で作業は5日間のみ。

今日で2日目ですが限界にチャレンジします!1日目はR33メンバーをドッキングとプロペラシャフト二軸製作。今回のマシンコンセプトは”俺のドリ車!”です。現状走れるマシンがないので製作します。

第一形態はひとまずやることをやる、ですね。メカ歴18年ですがはじめて本格的に触るZ32、すべてが2個ついているようなマシン。ねじの数もボディのぎっちり具合も超ボリューム!とかく時間はかかりますが、面倒・大変という感じはありません。それは、マシンとのコミュニケーションと設計者の本気ですごい設計技術。そこに触れられる喜び。きついのは時間だけ。

遠回りの長い作業ですが当時の本気のこだわりとすごさが今なら理解できます。いい車…Z32という芸術のマシン。私のマシンは平成2年。1990年!

スーパーファミコンの発売の年です。私の中学の思い出と青春のその時代に連れて行ってくれる。楽しくモディファイしていこうと思います!

シェイクダウンは9/18の赤アフロ走行会!ギャラリーの方はぜひ横乗り大歓迎です。

あと3日でどこまでいけるか、がんばっていこうと思います!CLRの作業ご依頼は恐縮ではございますが、9/19以降でよろしくお願い致しますm(__)m

z32は2018年5月にエビスサーキットで試走しています。そこでタイヤがバーストして助手席側のフェンダーがめくれ上がった写真がmixiにアップされていましたw

マシンのほうは2018年 9月18日の走行会で試走するみたいです。まずはその走行会に向けて5日間で作業をするみたいです。

仕様と意気込みが凄いですw

すでにR33のメンバーが搭載されたらしく、プロペラシャフトも製作を開始しているらしい。z32界隈では他車のメンバーをドッキングさせるような流用方法って聞いたことないです( ゚Д゚)

タクローさんいわく、このマシンは俺のドリ車!がコンセプトらしく仕上がりが楽しみです。

z32のドリ車を有名な方が作ることはないと思っていましたが、まさかタクローさんが作ることになるとは。

Sponsored Link

CLRは栃木県日光にあります。ショップの紹介動画も紹介

CLRは栃木県の日光市にあります。ショップの紹介動画も紹介します。

日本在住のyoutuber noriyaroによるショップの紹介動画を見ていただければ、どういう場所がわかると思います。

タクローさんはヤフオクでジェットエンジンを買っちゃう人ですね( ゚Д゚)

それ以外にも4ターボのシルビアを製作しており、東京オートサロン2018にも出展していました。このマシンは知っている方は多いと思います。

ヘッドライトを潰してパイピングを通させた片目のS14シルビアは、マッドマックスにも出てきそうなルックスなんですよね。

コクピットの計器類を操作することでモード変更ができ、さながらサイバーフォーミュラーの世界線も同時に突き進んでいます。

Sponsored Link

まとめ:z32の完成は楽しみです

まとめです。

正直、まさかタクローさんがz32の製作を開始するとは思いませんでした。整備性の悪いz32といえでもタクローさんの敵ではなく、戦闘力の高いマシンになると思います。

自分も暇があれば完成途中のz32を見せてもらおうかなと考えています。現時点でz32の完成は楽しみですw

首を長くして完成を待ちたいと思います。

Sponsored Link
Sponsored Link