フルメタルパニック4期の3話・4話の感想&対ベリアル戦のCGが良かった!




フルメタルパニック4期の3話・4話の感想記事となります。

第2話の時点でミスリル崩壊の危機だし、毎度のごとく絶望を味わえるフルメタですね^^

第3話ではベヘモス戦そして、第4話でとうとうベリアルが登場しました。新型ASの戦闘シーンが見れて満足ですが、ミスリルが負けっぱなしで心が不安定になるんですよねw

 

フルメタルパニック4期 3話の感想&展開はゆっくりだけど絶望感は感じる内容

フルメタ4期の3話のM9

©賀東招二・四季童子/KADOKAWA/FMP!4

あらすし:太陽からの電磁波「太陽風」によってミスリルの衛星回線が支障を来した。その自然災害に便乗してメリダ島を強襲するアマルガム。多数のミサイル攻撃に迎撃を試みるテッサたち。
■脚本:賀東招二 ■絵コンテ:出渕裕 ■演出:筑紫大介 ■キャラクター作画監督:山本彩 ■メカ作画監督:西井正典

あ、4話の絵コンテが出渕裕さんですね~。パトレイバーOVA第二期では絵コンテでも参加していて、1話『グリフォン再び』と14話『雪のロンド』などの良回を担当していました。

フルメタ第4話もコンテ自体は何も全体的に違和感はなかったです。ベヘモス3機と空挺部隊がまじかに迫っている状況で緊迫感と絶望感がありました><

フルメタ4期の3話のベヘモス

©賀東招二・四季童子/KADOKAWA/FMP!4

ベヘモスは厄介だったねぇ~。ミスリルのAS部隊が上手いこと立ちまわって撃墜はしたけど、犠牲を多く出した感じ。ガーンズバックがベヘモスに取りついた時のCGの動きは鈍くて違和感あったけど…。

あういう状況だと大型のASよりも空挺部隊のほうが厄介だよね。ミスリルの基地内って戦闘員と非戦闘員が入り混じっている状況だし、侵入されたら高い確率で不利になりそう。

第4話の感想&アーバレストの止め絵がイチイチカッコいい

フルメタ4期の第4話の宗介

©賀東招二・四季童子/KADOKAWA/FMP!4

敵アマルガムがメリダ島に上陸。いよいよ白兵戦に突入したテッサたちミスリルのメンバーは、デ・ダナンで脱出を試みる。一方で常盤恭子を人質に取られた宗介とかなめは、恭子を助け出すため、クラマと取引をする。
■脚本:賀東招二 ■絵コンテ:京田知己 ■演出:大西健太 ■キャラクター作画監督:今西亨 ■メカ作画監督:松村拓哉・加藤優

ジャンレノに拘束された常盤恭子を助けに宗介とかなめが行動を開始。3話よりも4話のほうが出来が良かったですね!

宗介に毎度のごとく振り回されるかなめも可哀相な気もしますが、こんな状況におかれても相手との交渉で優位に立てる宗介は場慣れしてるよね~。

ジャンレノの脅威はあまり発揮されることなく、レナードが目立った回でもあった。

戦場化している街中でレナードに電話で愚痴るジャンレノがシュールであった。

4話のCGのデキも良かったけど、アーバレストの止め絵もカッコよかった!やっぱり手描きで動くアーバレストも見たいね。

第4話の対ベリアル戦のCGが良かった!

フルメタ4期:アーバレストVSベリアル

©賀東招二・四季童子/KADOKAWA/FMP!4

第4話はなんといっても、アーバレストVSベリアルが見どころでしたね。絵コンテはエウレカセブンの京田知己さんのようです。京田さん担当の初代エウレカのOP『DAYS』の絵コンテ持ってる(ヤフオクで買った)。

CGはフリーの笹原正揮さんが担当されたそうです。ベリアル自体はグルフォンと雰囲気が似ているわけですが、アーバレストを圧倒しましたね。機体が大破した後も健気にハンドガンで応戦する宗介の姿には驚いたが…(主人公以外がそれやったら退場フラグや)

フルメタルパニック4期の1話・2話の感想&テスタロッサ声優のデビュー作も紹介

2018.04.20

毎週、これぐらいのCGのメカバトルが見れたら僕は満足です。以上、フルメタの3話と4話の感想でした。

フルメタルパニック4期の1話・2話の感想&テスタロッサ声優のデビュー作も紹介


Sponsored Link
Sponsored Link