z32の2by2と2シーターの違い(中古車購入前の注意ポイントです)




今回はz32のボディ形状についての記事になります。

知っている方がほとんどだと思いますが、z32には2by2と2シーターのボディタイプがあります。購入検討中の方はどちらにするか悩んでいる方もいるでしょう~。

国内で流通しているz32は大半が2by2ですので、何も気にしなければ自然とそちらを購入すると思います。しかし、希少な2シーターも実は楽しいクルマですので、購入前はじっくりと検討すると良いと思います。




あらためて振り返ると、無駄のある贅沢な作りのフェアレディZはz32で最後だったのかもしれません。フェアレディZは代々、2by2と2シーターを用意してユーティリティ性を求めるユーザーの期待にも応えてきました。日産は90年代に経営危機に見舞われ、経営資源の集中のためにz33以降は2シーターしかありません。

2by2と2シーターが存在した最後のフェアレディZですが、パンフレットにはツラツラと仕様が書いてあるだけで『実際、どうなの?』と感じる方も多いはず。

一部例外はありますが、2シーターと2by2共にエンジンはターボ・NA、ミッションもAT・MTの仕様が用意されました。まんべんなく用意された仕様が現在の国産スポーツカーと比較しても贅沢に思えてきます。

そんなz32ですが、2by2と2シーターで相違点が結構あります。その中でも、ルーフ形式とホイールベース・トレッド比が大きな違いとなります。本記事ではその辺りも含めて2by2と2シーターの違いをまとめてみました。購入検討時に参考にしていただければと思います~。


 

フェアレディz32の2by2と2シーターの見分け方

フェアレディz32オーナーにとっては当たり前ですが、まずは2by2と2シーターの見分け方についてです。一般的に2by2はリアタイアの後ろ、2シーターはリアタイヤの前に給油口がありますので、そこで見分けることが可能です。

給油口の位置が異なる理由は、それぞれのボディで燃料タンクの場所が違うからです。2シーターは後輪軸前の座席後部近辺に、2by2は後輪軸後に設置されています。2by2は後輪軸後ろに燃料タンクがあるので、ホイールベース外のオーバーハングに重量物があるということになります。

一般的に重量物はホイールベース内にまとめると旋回性能が増すらしく、2シーターの車体はその辺りも設計配慮がされていたことがわかります。

z32の2シーターと2by2を見分けるための給油口ですが、ひそかにハンドリング性能に関わる重要なポイントでもあります。慣れてくると給油口が見れなくても、ボディのスタイリングの違いで判断できたりします。

フェアレディz32の2by2と2シーターの違いは何?

フェアレディz32の2by2と2シーターの違いを大まかに8種類に分類しました。フロントはどちらも大差ないですけど、リア周りの形状は異なっています。パッと見た感じで、違いがわからないようにデザインされていますが、多くの部品が各ボディに合わせて設計されています。まぁ、贅沢としか言いようがない…。

ルーフ形式とホイールベース・トレッド比が両モデルの大きな違いです。その他の違いについても紹介していきます。

座席数

2by2は4人乗り、2シーターは2人乗りとなります。画像は最終型2by2の内装になります(2シーターの画像についてはセミレストア完了次第追記します)。

2by2はシートのリクライニングができるので、休憩時には助かります。2シーターのシート後方はトランクなので、十分なリクライニングはできません。

日本ではスポーツカーでも座席数が重要されるためか、国内では2by2が圧倒的に売れました。今でも2by2を購入する方が多いようですが、マニアの中には2シーターを好む方もいます。

僕の場合は、後ろに座席があれば緊急時に役に立つと思って2by2を選びました。後部座席に人を乗せる機会は何回かはありましたが、大人でも短時間であれば我慢できると思います。

身長175cm、体重65キロの自分が後部座席に座っても頭が天井に当たることはありませんが、身長が高くて体格の良い人は当たる可能性があります。2by2の後部座席は2ドアクーペの中では広い方だと思いますよ~。

トランク容量

2by2はリアシートを倒すことで多くの荷物を載せることが可能です。画像は最終型2by2のリアトランクになります(2シーターの画像についてはセミレストア完了次第追記します)。

2シーターは2by2に比べるとトランク容量は少ないです。リアシートもないので、ボード板等の長い荷物を載せるのは難しいと思います。トランク容積については2by2の圧勝でして、2シーターの立ち入るスキはないですね( ゚Д゚)

ルーフ

ボディ形状Tバールーフノーマルルーフ
2by2有り無し
2シーター有り(※I型~Ⅳ型まで)有り

セミレストア中のz32のルーフの画像ですので、塗装が剥げててすいません( ゚Д゚)。2by2/Tバールーフと2シーター/ノーマルルーフの画像を貼りました。Tバールーフは運転席・助手席側の計2枚を外せる仕様になっています。運転席側のみを外して、走行も可能です。

各ボディのルーフ仕様については表を用意しました。2by2はTバールーフの設定のみですが、2シーターはTバールーフとノーマルルーフの設定があります。

2シーターのTバールーフはI~Ⅳ型までしかありません。Ⅴ型とⅥ型(最終型)にはノーマルルーフのみの設定となります。よって、最終型/2シーター/Tバールーフという仕様は残念ながらありません。

z32のTバールーフとノーマルルーフはどちらがオススメ?メリットやデメリット他

2018.04.03

『z32のTバールーフとノーマルルーフはどちらがオススメ?メリットやデメリット他』の記事で詳しくメリットやデメリットを整理してみました。

Tバールーフのメリットは晴れの日にルーフを開放して走った際の解放感です。そのかわり、Tバールーフはウェザーストリップの劣化から雨漏りをします。

2シーターにはTバールーフとノーマルルーフの設定があります。ノーマルルーフのメリットはTバールーフに比べてボディ剛性が高く、雨漏りの心配をしなくて良いことですね。修理難度の高い雨漏り修理を最初から気にしなくていいのは気持ちが楽です。

あとはボディを酷使するドリフト走行をしても、Tバールーフよりは長持ちしそうな点がノーマルルーフの良い所ですね。

ボディ形状に違いがあるため、流用できない部品が多い

プロペラシャフト:2by2と2シーターごとに計8パターンの仕様がある(写真はz1製のペラシャ)

2by2と2シーターは、ルーフ近辺からリア終端までのボディ形状に違いがあるので、流用不可な部品が多いです。

ミッションは2by2と2シーター共に共通ですが、プロペラシャフトの長さが違います。ボディ形状、ターボ/NA、MT/ATのパターンを合わせると計8種類あります。

ミッションのギア比はどれも同じですが、ベルハウジングの形状がターボとNAで違います。NAのミッションにターボ用のクラッチを入れると、ベルハウジングを削りますwミッション載せ替えやNAをターボ化するときに注意が必要です。

マフラー等も2by2と2シーター間で流用はできません。それ以外にもTバールーフ、リアバンパー、サイドステップ、リアハッチも流用不可となります。トランクの内装パーツも形状が違います。

新品・中古パーツを買う際は2by2か2シーター用なのかを確認する必要があります。流通量の観点から2by2用しかないアフターパーツも結構あります。2by2用にしかないエアロパーツは加工して、2シーターに取り付ける例もありますが、玄人向けですね。

車両重量

仕様車両重量[kg]新車価格[万円]
2by2 NA MT1470360
2by2 ターボ MT1550425
2シーター Tバールーフ NA MT1440345
2シーター Tバールーフ ターボ MT1520410
2シーター ノーマルルーフ NA MT1430330
2シーター ノーマルルーフ ターボ MT1510395

z32Ⅰ型のMTモデルに絞って車両重量の比較表を作成しました。最軽量のモデルは2シーターのノーマルルーフです。z32のNAメカチューンをやるぜ!ってなった時は2シーターのノーマルルーフのボディが良さそうですね。(※そんなマニアな人は多分いないけど…)

ツインターボ仕様はどちらも1500kgは超えますけど、NAの車体にターボエンジンを搭載した場合はもしかしたら1500kg以下になるかもしれない….。ゴミ処理場でクルマの重量を計測できるみたいだから、セミレストアが完了したら行くかもしれないです笑。

フェアレディz32 セミレストア日記①ノーマルルーフに箱替えします

2017.03.30

余談ですが、表には新車価格も記載しました。ノーマルルーフNAのMTはz32の中で一番安く買えるモデルだったようです。ツインターボの新車価格はコミコミで500万円近くになったでしょうね汗

昔のスポーツカーは安かった!と言われることがありますが80スープラ、GTR等は十分に高かったと思う。シルビアは安かったかもしれないけど(/・ω・)/

写真写り

2by2と2シーターで写真写りが違うと言われています。2by2はスラっと伸びたスタイルをしていますが、2シーターは寸詰まり感のある写真写りとなっています。これは2シーターの方が2by2に比べて全長が短いためと考えられます。

しかし、実車を見ると2シーターの寸詰まり感は全く感じられません。実車を見ていただければ、2シーターも完成されたスタイリングをしていることがわかります。僕は2シーターの小さくまとまったスタイリングが結構、好きです^^

ホイールベース・トレッド比

ボディトレッド前/後ホイールベースホイールベース・トレッド比
2by21495/1535mm2570mm1.696
2シーター1495/1535mm2450mm1.617

この項目が2by2と2シーターを比較した際の一番の相違点です。z32は2by2と2シーターで前後トレッドは同じですが、ホイールベースが違います。よって、ホイールベース・トレッド比と最小回転半径が2by2と2シーターで異なってきます。

ホイールベース・トレッド比は小さい値であればあるほど直進安定性が悪化しますが、回転性能が良いとされます。上記表からは2シーターは回転性能が高く、2by2は直進安定性能が優れている事がわかります。

他の車両と比較すると、2by2のホイールベースは現行の86と一緒で、2シーターはMR2と一緒です。これ以上はメンドクサイので、湾岸ミッドナイトに登場するz32しか速くできない男”チューナー山下さん”に説明してもらいましょう~。

山下『くく、実はこれ2シーターなのヨ。全長4.31m、z32の8割は2by2だから普通に見るのはみんなそっち(ちなみにバイツー4.50m以上)』

山下『全長4.31mは小さいぜえ。コンパクトなイメージのFD(RX-7)でも全長4.28mよ。』

マコト『うそー!?』

山下『ウソゆーかよ。ちなみに車幅はZ32が1.79mでFDが1.76mだ』

山下『もっと言うとホイールベースは2450mm(z32)、2425mm(FD)。つまり、全長・全幅・ホイールベースまでほとんどFDと同じわけヨ』

z32とFDの車両寸法が全て頭に入ってる山下さんは流石ですが、2シーターは名車FD3Sに近い数値を持っていることがわかります。z32の方が圧倒的に重いですけどね~笑。

ちなみにホイールベース・トレッド比の黄金比は 1:1.618 と言われています。2シーターの数値は約1.617ですから、黄金比に限りなく近いです。たしかにディメンションだけは良い感じに仕上がってますね。

基本的に2by2に比べて、2シーターの方がハンドリングはクイックです。タイトコーナーに入っても2by2より軽快に曲がることが可能です。2by2はロングホイールベースが生きる最高速やデカいサーキット向きの仕様と言えます。

ユーザーの趣向に合わせてショートホイールベース、ロングホイールベースの二つの仕様が存在する贅沢極まりないのがz32です。この辺りは将来的にどういったステージで走りたいのかも含めて、購入前の要検討ポイントです。

入手のしやすさ

z32 2by2と2シーターの違い

中古車市場では2by2は入手しやすいですが、2シーターはタマ数が少ないために入手困難です。

日本はユーティリティ性が重視されたようで2by2がたくさん売れました。アメリカでは2シーターが売れていたようです。インスタグラムを見ていると、アメリカのz32のほとんどが2シーターですね。

希少なz32 2シーター ノーマルルーフの5速ツインターボに乗る方法を整理してみた!

2018.01.18

国内の中古車市場では100台中10台ぐらいが2シーターです。特に2シーター/ノーマルルーフ/MT/ツインターボは中古車市場では価格が高い傾向にあり、こだわって探し始めると、なかなか見つからないです。ベース車を持ってきて、製作するぐらいの気概が必要であ~るR。

2by2のタマ数はまだあるので、ボディ色や年式等も選べる余裕はあります。2シーターは仕様によってはボディ色を気にしてたらおそらく、見つからないですね((+_+))。最終型の 2シーター/ノーマルルーフ/MT/ツインターボはさらに入手困難でしょう~。

まとめ:z32のボディ選択は中古車購入前の注意ポイントです

300ZX Nationさん(@z32nation)がシェアした投稿


2シーターと2by2の一番の相違点がホイールベース・トレッド比の違いからくる運動性能です。

ショートホイールベースの2シーターは小回りが利いてタイトコーナーに強く、2by2はロングホイールベースを生かした最高速向きのクルマと言えます。

((昔、300キロオーバーを出していた2シーターのノーマルルーフもいたようですが…。))

両方乗った感想としては、過密な街中を走る際は2シーターの方が運転しやすいです。ボディも大きすぎないし、ステアリングを切った時のクイックさは2シーターの方が勝っています。

しかし、2シーターは後ろに座席はない上にリクライニングは難しく、トランク容積は2by2に比べて小さいです。タイヤはあまり積めないだろうなぁ…。

一方の2by2は非常時の4人乗りは可能ですし、タイヤ等の荷物も案外詰めます。運転に疲れたときはパーキングエリアでシートを倒して休憩することも可能です。

このようにz32はエンジンやミッション形式だけではなく、ボディ選択も重要になってきます。2by2は日常領域でのユーティリティ性を兼ね備えている一方で、2シーターはスパルタンな仕様です。

案外変わらないだろ?と思いきや、性能・使い勝手の面で違いは多いので一度は試乗してみることをオススメします!


今日のz32・・・1991年頃の2シーターのジムカーナ動画になります。2シーターは意外と小回りの利くマシンなので、ジムカーナに挑戦する人は今でもいるようですよ。同じ動きを2by2をやろうとすると、難しいですね。2by2ではこんなに素早く旋回できないですねw


Sponsored Link
Sponsored Link