z32 セミレストア日記④ノーマルルーフにエンジンとミッションが搭載!




フェアレディz32 セミレストアの日記④です。前回の記事ではドナー車のエンジン周辺の劣化が酷かった事や整備中のエンジンについてお伝えました。

最近、ついにエンジンとミッションが搭載されたようです。そろそろ自走できる日も近いと思われます(^^♪。ここまで気長に待つ感じでして、必要に応じてパーツの持ち込みを続けてきました。

セミレスト進捗③の記事ではエンジンルームの状況を紹介します。外装・内装にはまだまだ課題がありますので、今後の見通しについても書きました。よろしくお願いします。

Sponsored Link
Sponsored Link
Sponsored Link

フェアレディz32 セミレストア日記④ノーマルルーフ車にエンジンとミッションが搭載!

セミレストア中のフェアレディz32 2シーター ツインターボのエンジンルーム

フェアレディz32 セミレストアの進捗③になりますが、めでたい事に組み終わったエンジンが2シーターのノーマルルーフ車に搭載されました。まだエンジン始動はしていませんので、仮搭載といった形でしょうか。結晶塗装のサージタンクや塗装したタイベルカバーが上手い具合に協調し合っている気がする。これはこれでアリでしょう><

エンジン完成後にすぐに搭載されたわけではなくボディ側に錆が多くあり、処理後にエンジンを搭載して頂きました。錆はエンジンを降ろして確認しないと発見できないから、結果的に良かったと思います。

また、バッテリーの台座も塗装し直してます。バッテリーの液が漏れて知らない間に錆びる場所なので、要注意ポイントです。エンジンハーネスには耐熱ホースを巻いて対策しています。派手さはないですけど、機能的な美しさが出てくると思いますね(/・ω・)/

ついに2シーター ノーマルルーフのツインターボの車両として登録される日も近い….。

Sponsored Link
Sponsored Link

外装・内装については課題がまだ山積している。

セミレストア中のフェアレディz32のルーフ

セミレストアも中盤に差し掛かり、エンジン・ミッションがとりあえず搭載されましたが、外装・内装はまだまだこれからです。特にルーフとボンネットの塗装剥げが結構、酷いです笑。この辺りは自走できるようになったら、再塗装ですね~。

セミレストア中のフェアレディz32のリアビュー

テールライトは既に外されていますが、ZEES 4本出しマフラーの移植は完了しています。マフラーも汚れが酷いので後で磨こうと思っています。

現在、ホイールを業者で再塗装しようかと迷っています。17インチホイールはドリ車っぽく、ピンクに自家塗装しちゃったのだけど普段履きはやっぱり派手過ぎだなと笑。

セミレストア中のフェアレディz32の内装

内装は取り外しが進んでいますが、ドナー車の赤内装を移植して頂く予定です。ダッシュボードの状態はとても良好でして、外した内装は全てストックする予定です。

セミレストア中のフェアレディz32のストック部品

ドナー車から外した部品は、軽自動車に乗せて持ち帰っています。2シーターの純正リアバンパーもなかなか手に入りませんし、ぶつけた際の予備パーツにします。

フェアレディz32 セミレストア日記④は以上になります。やっている事は5速化だったり、箱替えだったり、はたまたセミレストア級のメニューですので整理が大変です( ;∀;)

次回記事では『z32 セミレストア日記⑤完成が近づく中でドナー車の今後も考えてみた』をお届けします。


今日のz32:英語圏ではノーマルルーフの事を『Slick Top』と言います。この人はオーストラリアの方みたいですけど、海外でも2シーターはTバールーフの方が多いのでノーマルルーフは珍しいです。

Sponsored Link
Sponsored Link