希少なz32 2シーター ノーマルルーフの5速ツインターボに乗る方法を整理してみた!




z32には2by2と2シーターのボディタイプがあり、ホイールベース等のディメンションが違うので運動性能に差があります。

こればっかりはどちらが良い!とは断言できません。

優位性を一つ上げるとノーマルルーフの方が剛性が高いですし、雨漏りの心配がありません。

自分に合っている仕様を選べば良いと思いますが、z32 2シーター ノーマルルーフの5速ツインターボに拘って探している方もいます。

探している方はタマ数が全くない事に気付かれたんじゃないでしょうか??

z32 2シーター ノーマルルーフの5速ツインターボは残念ながら現存する車両が多くない上に市場価値が一番上がっています。

今回はそんな希少なz32を入手する方法を視野を広げる形で解説したいと思います。


 

z32 2シーター ノーマルルーフの5速ツインターボの相場は上昇中

z32の中古車市場を確認すると『z32は意外と安いね』と思われがちですが、仕様によって価格差が大きい事がわかります。

ツインターボ×MTの仕様はそこそこ価格は上がります。その中で最も高いのがz32 2シーター ノーマルルーフのツインターボMTですね。ツインターボでもATはあまり価格が上がらない傾向にあります。

中古車屋に並んでいるクルマを買うのもありですが、目星のz32を入手する方法は他にもありますので順に解説していきます。

z32 2シーター ノーマルルーフの5速ツインターボを入手する方法を解説

カーセンサー、グーネットで粘り強く探す

z32 2シーター ノーマルルーフのツインターボMTは数は少ないものの流通していますので、カーセンサー等で探してみるのは今後も定番ですね。

数が少ないのでボディカラーやカスタムが気に入らない等の理由で購入に踏み切れないケースがあります。最低でも100万円以上の価格設定ですが、エンジンの状態が価格相応なのかは不明です。

ボディが希少だからという理由が優先されて価格が上がっていると、クルマの状態は重要視されていない可能性もあります。

目星のクルマが出たら試乗しに行って確認したいですね。

ヤフオクの個人売買で探す

ヤフオクで探すのもアリでしょう~。

フルチューンされた車両も出品されますが、購入後の状態チェックでも一苦労ですのでオススメはできないです。個人とのやり取りなので車検がないと陸送の手配もかける必要がありますから、慣れた人じゃないと難しいですよね。

初心者が車両を購入する際は仲介業者がいてくれた方が良いと思います。

2シーター ノーマルルーフ5速NAが安く売りに出されることがあるので要チェックです。後で説明しますが、ベース車としてエンジン載せ替えによりターボ化に使えます。

オートオークションに参戦する

中古車屋さんはオートオークションからクルマを仕入れています。

オートオークションはサイトに登録すれば、個人でも参戦できます。海外のバイヤーもオートオークションから、国産スポーツカーを買い付けていきます。

z32は北米でも発売されており、25年ルールによる流出はシルビア・GTR系に比べたらあまり心配されていません。

しかし、インスタを見ていると海外で出回っているz32は2シーター・Tバールーフが殆どです。もしかしたら日本のノーマルルーフを欲しがっている層も出てくるかもしれません。

オートオークションでは落札価格に仲介手数料・陸送費を足されるので、落札価格+αの費用が発生します。毎日のように中古車は更新されていきますから、目当てのクルマに出会う確率も上がると思います。

ここでも2シーター ノーマルルーフの5速ツインターボは滅多に流通しないのですが。

Tバールーフをノーマルルーフ化

伊東自動車さんでz32のTバールーフの埋め加工とカーボンルーフ化を施工可能です。

デメリットはTバールーフの埋め加工で100万円程は掛かり、カーボンルーフはもっと高い事が予想されます。国内では既に何台かいますが、純正でノーマルルーフが存在する2シーターよりかはTバーしかない2by2の為に存在するカスタムだと思います。

一応候補の一つとして挙げてみました。

z32 2シーター ノーマルルーフ 5速NAを入手してツインターボ化

僕はこの方法を採用しました。

MT化の費用が上乗せされるオートマの箱でしたが…

ノーマルルーフ5速NAであれば、ヤフオクやカーセンサー等でも比較的出回る傾向にあります。箱を購入後にエンジン載せ替えを施すと、中古車屋でターボ車を買うよりも安心して踏めるクルマが手に入ります。

将来的なステップアップを見越してノーマルルーフ5速NAを購入して乗り始めるのも良いと思います。なるべくオートマの箱は買わない方が良いです^^;

z32のAT中古車をミッション載せ替えを想定して買ってもいい?

エフメンテナンスさんという2シーター専門のショップでは、お客さんの要望に合わせてコンプリートカーを製作しています。2シーターのコンプリートカーしか販売していない珍しいショップでして、グーネットで販売しています。

エフメンテナンスさんに依頼すれば箱を持ってきてくれて製作してもらうことも可能でしょう。

この方法にも欠点はいくつか存在します。

1.乗り出しの初期費用が上がる

中古のz32鉄屋根TT MTを購入するよりも乗り出しの初期費用がかかります。作業の内容にもよりますが、安い箱を仕入れても車両代込で200万円以上は行くだろうと思います。

 

2.しばらくクルマに乗れない
クルマを買ってきてショップに預けることになりますが、その間は乗れません。作業完了までに半年~1年近くはかかるでしょう。

 

3.カスタム含めたセミレストアは敷居が高い
専門店はz32にとても詳しいので何も言わなくても熱対策用の部品や配線を整理してくれますので安心できます。

作業内容がプチコンプリートカーを製作するような形なので、ショップの方との調整は工数がかかります。

まとめ:中古車屋から買うのが定番だけど他の方法も試す価値あり。

弾数は非常に少ないz32鉄屋根 5速TTを粘って中古車屋から買うのが定番ですが、他の方法も取り入れてみると視野が広がります。

オートオークションは自分で現車確認はできませんが、車両状態をチェック票で見れたり業者も多少は確認してくれるのでオススメかもしれません。次の車両を買う機会があれば、オートオークションで落札してみたいですね。

僕の案件は中古車屋から買わなくて良かったとは思っています。一度エンジンを降ろしてリフレッシュすると安心して踏めますしね。

さらに大きな作業をしたという経験が手に入ります。チューニングの知識が増えてお店との調整力が上がり、場馴れすることができます。

z32 2シーター ノーマルルーフの5速ツインターボに乗りたいという方がいましたら参考にしてください。


※Z32には関係ないですが、かなりカッコいいNSXのムービーを発見しました。こういう映像が撮れるようになりたいもんだ…


Sponsored Link
Sponsored Link